子育ての悩みや困りごとを解決するアイデアを思いつくコツは?

クリップ
クリップ

2017/08/19

出典:すくすく子育て[放送日]2017/08/19[再放送]2017/08/25

子どもの発信をよく受け止める、子どもをよく見る

榊原洋一さん回答:榊原洋一さん

アメリカの研究で、子どもがよく育つ保育者(両親や保育士さん)の特徴がわかってきました。それは、子どもが出しているサインに対して感受性高く受け止めるということです。
子どもの発信をよく受け止める、子どもをよく見る。そうしていると、アイデアも生まれるのではないかと思います。

また、子育て中のパパママは忙しいですよね。パパママが気づかないことも、祖父母なら客観的に気づくことがあると思います。祖父母の目線で気づくアイデアもあるのではないでしょうか。

これまでの「すくすくアイデア大賞」で紹介したアイデアをご覧ください。


「すくすく子育て」では、年末に放送予定の特別番組で紹介する「子育てアイデア」を募集中です。
子育てで「困ったこと」「悩んだこと」を解決した工夫や知恵、アイデアをお寄せ下さい。
たくさんの素敵なアイデアお待ちしています!

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる