インフルエンザの予防接種は、家族みんなでしたほうがよい?

クリップ
クリップ

2018/12/01

出典:すくすく子育て[放送日]2018/12/01[再放送]2018/12/08

我が家は、1歳になる娘をはじめ、曽祖父母、祖父母、叔父、パパ、ママと4世代で暮らしています。これだけの人数がいるのですが、インフルエンザの予防接種を子どもだけでなく家族全員でしたほうがよいのでしょうか?
(1歳1か月の女の子をもつママより)

完全に予防するのは難しいが感染しても軽くすむ

草川功さん回答:草川功さん

基本的に、予防接種により発症を完全に予防することは難しいといわれていますが、感染しても症状が軽くなります。
インフルエンザの予防接種は、生後6か月から受けることができますが、子どもが小さく外出が少ない場合は、きょうだいや親などの家族が予防接種をして病原体を家に持ち込まないようにしましょう。子どもが1歳を過ぎ外出が増えてきたら、子どもを含めて家族で予防接種を受けましょう。

家族が健康でいることも重要

堀成美さん回答:堀成美さん

感染症から子どもを守ることは大切ですが、家族が健康でいることも重要です。子どもも大人も予防接種を受ける方がよいと思います。


冬に感染症が多いのはなぜ? 小さい子はかかりやすい?

感染症予防のために、どんなことをすればいいの?

感染症にならないために、冬のお出かけは控えた方がいいの?

感染症予防のための除菌は、どのくらいすればいいの?

お医者さんに病気がうつらないのはどうして?


すくすくポイント

子どもは寒いと鼻水が出るのはどうして?


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる