子どもはかわいいけど、ずっと一緒にいるとつらい… どうしたらいい?

クリップ
クリップ

2018/07/14

出典:すくすく子育て[放送日]2018/07/14[再放送]2018/07/21

子どもはかわいくて大好きで、自分自身も幸せを感じていますが、ずっと一緒にいると息が詰まることがあります。子どもは何をするのかわからないので、「危なくないか」といつも気を張り詰めて。その状態が続くと、イライラして、つらくなって、疲れがとれなくなってしまいます。子どもを預けて働くことも考えましたが、子どものかわいさを、その瞬間を見ることができる今がぜいたくで、専業主婦の特権であるような気がします。それでも、つらいときがあって、どうしたらいいのか悩みます。
(3歳10か月の女の子と5か月の男の子をもつママより)

モヤモヤや、つらい気持ちを大事に

大日向雅美さん回答:大日向雅美さん

ママになって専業主婦を選んだとき、「子どもとずっと一緒にいたい」と思ったのではないでしょうか。でも、そのときは、それがどういうことなのか、おそらく想像できていなかったと思います。大変だと感じることはいけないことではありません。忙しくて子どもとしか話をしていない状況が、ひとりの大人として不自然ではないかと気づくことが大事です。そう感じたら、いろいろな人と話そうと考えて、子育てひろばに行ったり、外に出たり、次のステージへ進むことができます。だから、今感じているモヤモヤや、つらい気持ちを大事にされてもいいのかなと思います。

勇気をもって預けてもいい

大日向雅美さん回答:大日向雅美さん

勇気をもって、子どもを預けてみてはどうでしょうか。一時預かりなどもあるので、たまにでも預けてみる。費用はかかりますが、リフレッシュできて、子どもといる時間の楽しさに、あらためて気づくかもしれません。

仕事をしていないのに、子どもを預けることに、抵抗があります。自分が稼いだお金ではないので、どこか後ろめたさを感じます。それに、預けた後、育児に戻ったとき、自由にしていた時間とのギャップを感じて、かえってつらくなることもあります。

必要経費だと割り切る

大日向雅美さん回答:大日向雅美さん

「子育てをがんばろう、子どもをかわいがろう」という思いが、いつもあるのだと思います。その重みでつらくなってイライラするんですよね。まずは、「自分のお金ではないから後ろめたい」という意識を、子どものため、子育てをする自分への必要経費だと考えて払拭しましょう。
ずっと大変で緊張している中で、違う自分を持てれば、その後また笑顔で子どもと向き合える。そのために必要なことだと割り切れば、ギャップも小さくなると思います。後ろめたさを引きずりながら育児に戻ると、「現実は何も変わってない」と考えてしまいます。でも、「この現実を受け入れるために、自分のために時間とお金を使ったんだ」と割り切れば、目の前に広がる光景も違って見えるかもしれません。「また頑張ろう」と思えたらいいですよね。

将来の人生設計を夫婦で話し合う

大日向雅美さん回答:大日向雅美さん

今、目の前のお金のことを考えているかもしれませんが、これからの長い人生のことも考えてみましょう。教育費や住宅費や介護費だって必要になってきます。だから、将来を見据えて「この部分はパパに頑張ってほしい、このときは私が働きなおして補う」といった人生設計を夫婦で話し合ってみてください。すると、今あるお金も、決してパパだけのものではなく、家族のためだと納得できるかもしれません。今後、働いて収入を得ることも考えられます。そのための先行投資だと考えることだってできますよ。


専業主婦はヒマだと思われる… 大変さを理解してもらえないのはなぜ?

働いたほうがいい? でも働けない… どうしたらいい?


すくすくポイント

専業主婦をサポートしてくれるところは?


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる