小さく生まれた子どもの成長を促す方法はある?

クリップ
クリップ

2017/11/11

出典:すくすく子育て[放送日]2017/11/11[再放送]2017/11/17

子どもたちは二卵性の双子の姉妹です。妊娠36週のとき帝王切開で生まれました。1971gと1698gでした。ところが、今では小さく生まれた子のほうが大きくなって、成長に差が出てきています。どんどん差が開いていったらどうなるんだろうと、少し心配になります。
治療でしか成長ホルモンを補ってあげられないのかと疑問に思っていて、例えば効果的な食べものや運動など、何か力になれることはないのかと考えています。
成長を促すいい方法はあるのでしょうか?
(1歳8か月の双子の女の子をもつママ)

大きくなるのはこれから。違いもそれぞれの個性

加部一彦さん回答:加部一彦さん

成長ホルモンを治療で補うことがありますが、ほんとうに小さい子が対象で、ごく限られた場合だけです。また、乳幼児期は、まだそれほど成長ホルモンがつくられていません。これから大きくなるのです。同じ日に生まれた姉妹、それぞれ別の個性を持っていると考えてください。

手先を使う遊び、体のバランスを養う遊びがおすすめ

安藤朗子さん回答:安藤朗子さん

小さく生まれたお子さんを育てるとき、「まだ早いかな」「まだできないだろう」など、ついつい過保護になりがちです。自立に向けて、積極的に、いろいろなことに挑戦させてあげてください。
積み木、お絵描き、折り紙など手先を使う遊びや、体のバランスを養うような遊びは子どもの成長を促進させるのでおすすめです。また、お手伝いをたくさんしてもらいましょう。お手伝いをした後に褒めてあげれば、それが子どもの自信につながります。


低出生体重児と未熟児は何がどう違うのでしょうか?

低出生体重児のとき何に気をつけたらいい?

小さく生まれたのは私のせい?

小さく生まれた子は成長の伸びが途中で止まる?


すくすくポイント

小さく生まれた赤ちゃんと、その家族のグループ


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる