役立つ! 楽しい! 子育てアイデアスペシャル(2)

クリップ
クリップ

2022/02/26

出典:すくすく子育て[放送日]2022/02/26[再放送]2022/03/05

子育ての悩みを知恵と工夫で解決する子育てアイデア。今回は、全国のみなさんから寄せられた「子育てアイデア」をたっぷり紹介します。

専門家:
榊󠄀原洋一(お茶の水女子大学 名誉教授/小児科医)

らくらく♪ 作品保存術!

石川県 飯村さん より

子どもが保育園や幼稚園、学校で作って持ち帰ってきた作品は、保管場所に困りますよね。わが家は4人きょうだいで、作品がどんどん増えてしまいます。子どもが一生懸命作ったものを捨てるのも気が引けるので、子どもの成長が記録できる一石二鳥のアイデアを考えました。

それは、作った子どもに作品を持たせて記念撮影するだけ。あとから見返すと、誰がいつ作った作品か一目瞭然です。

当時の子どもたちの表情や様子を作品とセットで残すことができるので、子どもたちと一緒に「なつかしいね」と言いながら見ています。作品についてインタビューをしながら動画撮影すると、さらに楽しい思い出になります。

コメント:榊󠄀原洋一さん

記憶は、何度も上書きをしないと続きません。特に小さなころの記憶は、どんどんなくなります。このような形で残すことで、「このときは、あれをやった」という記憶としても残りますね。みんなと一緒に見返して、親子の会話にもなり、子どもたちが大人になったときに、自分の子ども時代を振り返ることもできますね。

あるある! 子育てカルタ

新潟市新津子育て支援センター育ちの森 館長 椎谷さん より

子育てには楽しいことも、きついことも、おもしろいことも、日常的にあふれています。そういったことをカルタにしたらおもしろいのではないかと考えました。

そこで、子育て支援センターで年4回発行している情報誌に、カルタを連載しようと思ったんです。

ちなみに、私のいちばんのお気に入りは「見つけたよ 意気揚々の 息子です」。つかまえたミミズを親に見せて喜んでいる様子を書きました。

コメント:榊󠄀原洋一さん

子育てには、楽しいことがたくさんありますが、つらいこともあります。つらさを思い込んでしまうと悪循環になってしまう。それを一旦笑い飛ばして、頭をすっきりさせると、耐えられることもあります。世の中のつらいことを笑い飛ばして、みんな元気になるという川柳に通じるところがありますね。

広告の中から みいつけた!

広島県 山地さん より

娘はドライヤーが苦手で、毎日ひと苦労しています。そこで、長い髪でもゆっくり楽しく乾かせるアイデアを考えました。

まず、スーパーなどの広告の中から、商品を10個選んで書き出します。

そして、「広告みっけをするよぉ~」と子どもたちを洗面所に誘って、広告と選んだ商品リストを貼って準備完了。

子どもたちが、リストに書かれた商品を探しているうちに、髪を乾かしてしまうんです。見つけられたシールを貼ってポイントをつけたりします。今ではぐずぐずしていたドライヤーも楽しみになり、スムーズに髪を乾かせるようになりました。全部見つけることができたら表彰してあげると、次もやる気になります。

コメント:鈴木あきえさん(MC)

私も子どものころ、ドライヤーの時間は待ってないといけないので嫌だった記憶があるんです。そこを遊びの時間にしてもらえたら楽しいですよね。

次のアイデアへ


この内容が放送された「すくすく子育て」の番組記事を読む

PR

×     閉じる