7割が子ども用シャンプーを使い、3割がリンスもする!アンケートで聞いた「子どものヘアケアどうしてる?」【PR】 PR

クリップ
クリップ

3

pixta_11707751_L

天使の輪が輝くサラサラヘア…!子どもの髪といえば、そんな髪をイメージするでしょう。ところが実際は、悩みもトラブルも多いもの。すくコムでは「子どもの髪に関するアンケート」を実施し、ママやパパがどのように子どものヘアケアを行っているのか聞いてみました。
(n=1593/ 子どもの年齢内訳 0才=11%、1才=19%、2才=21%、3才=11%、4才=12%、5才=7%、6才以上=12% 子どもの性別内訳 男の子=43%、女の子=57%)

●「やさしく派」と「スパルタ派」あなたの洗髪はどっち?

まずはシャンプーについて。子どもの髪の毛をどのようなシャンプーで洗っているのでしょうか?

図1

ベビー用が44%、キッズ用が30%、大人用が26%という結果。「子どもには子どものシャンプー」と、約7割がママやパパのものとは使い分けているのがわかります。

何かと気を使う子どもの洗髪。シャンプーの時にどんな工夫をしているのかというと…

▼水をいやがる子には
・ハンカチを持たせて目を押さえさせ、ひたすらガンバレと応援
・おもちゃで気をそらしながら、手早く洗い流す
・だっこの姿勢、立った姿勢など、いろんな姿勢を試し中
・顔がぬれないようにこまめにタオルで拭く
・「お母さんにぎゅーってしてね~」など声をかけて安心させる
・水克服のため、わざと顔にお湯がかかるように頭の上からぶっかける
・「3・2・1」とカウントダウンしてお湯をかける

水嫌いな子への対処は、やさしくなだめるパターンと、あえてスパルタでいくパターンがあるようです。

▼シャンプーぎらいの子には
・楽しいと思えるように、泡でツノなどを作って遊びながら洗う
・美容室みたいに「かゆいところはありませんかー?」など声かけする
・目に入っても痛くないシャンプーを使う
・泡で猫の耳を作るなどして気をまぎらわせながら一気に洗う
・ママのその日の気分に合わせて即興で歌いながら洗う
・洗っているあいだずっと数を数えている

楽しい雰囲気づくりを心がける人が多いですね。ちなみにグッズでは、シャンプーハットやバスチェアを使う意見が多かったのですが、なかには「シャワーでは温度調整しにくいので、ペットボトルを使ってちょうどいい温度のお湯をかける」というアイデアもありました。

●くるくる、べとべと、ゴワゴワ…子どもの髪には悩みも多い!

どれだけの人がお子さんにリンスやトリートメントを使っているのでしょうか?

図4

使わない人が多数派ではありますが、リンスなどでケアする派も約3割。シャンプーだけでは絡まるなど、髪の毛の悩みも関係してくるようです。

みなさんが抱えるお子さんの髪の悩みとは…

▼髪質や生え方の悩み
・やわらかく細いくせ毛ですぐに絡まってしまう
・ツルツル滑るので髪を結んでもゴムが落ちてしまう
・つむじが2つあり、あたまのてっぺんがいつも寝ぐせ状態
・くるくるの天然パーマで激しく絡まってクシが通らない
・リンスをしないとゴワゴワしてしまう

▼頭皮などの悩み
・暑いときは汗で蒸れるのか、かゆそうにしている
・大量に汗をかくので髪も頭皮もべとべと
・よく洗ってもにおいが消えない
・乾燥する季節は「フケ」が出てしまう
・頭皮に湿疹ができやすい

くせ毛や天然パーマなど大人にも共通する悩みがあがる一方で、汗を大量にかくことによるベタつき・におい、細すぎて絡まるなど、子どもに特徴的な悩みも多くあがりました。

いかがでしたか? シャンプーの工夫はヒントになりそうですね。髪質や頭皮の状態に合わせて、ぜひお子さんに合ったシャンプーやヘアケアの方法を見つけてみてください。

ひとりでシャンプーチャレンジするなら
『メリット 泡で出てくるシャンプーキッズ』
メリット 泡で出てくるシャンプーキッズmeritimage3
●髪と地肌とおなじ弱酸性 ●ナチュラルフローラルのやさしい香り 
●すっきり洗えるノンシリコーン処方 ●お子さまでもラクに押せるポンプ

ポンプ300ml、つめかえ用240ml、ともにオープン価格【商品の詳細は こちら

こちらもおすすめ♪スマホであそべる!かわいいキャラクター”メリーちゃん”のあわわパズル
banner_300_145_awawa

*この記事は、花王株式会社のスポンサードにより作成・掲載されています。

×     閉じる