イベントレポート どうする?こどもの性器タッチ(5/23)

クリップ
クリップ

こどもの性についての話題って、普段から困っているのに、誰に聞いたらいいかわからなかったり、他の人に相談しづらかったりしませんか?
NHKエデュケーショナルではそんな、こどものからだとこころに関する悩みをもつお父さんお母さんのためのイベントを開催。取り上げたテーマは、こどもが性器を触ったり、物に押し付けたりする「性器タッチ」です。
イベント当日は、実際にこどもの「性器タッチ」に悩む3~5歳ごろのパパママ31人が集まりました。

「性器タッチ」は“性器いじり”と呼ばれることがありますが、“いじる”という言葉にマイナスのイメージも含まれることから「性器タッチ」としてとりあげています。

出演したのはこちらの3名です。

村瀬幸浩さん


■村瀬幸浩(むらせ・ゆきひろ)さん

性教育に携わって50年のベテラン性教育研究者

北山ひと美さん


■北山ひと美(きたやま・ひとみ)さん

和光小学校・幼稚園 校園長
現場で積極的に性教育を実践

藤江千紘さん


■藤江千紘(ふじえ・ちひろ)

NHKエデュケーショナル主任プロデューサー 
3歳の息子の母親として今回は進行を担当

今回のイベントは、事前に参加者の皆さんから性器タッチにまつわるお悩みを募集し、
村瀬さん、北山さんがアドバイスをする、という形式で行いました。

図1
「性器タッチ」という1つのテーマでも、寄せられた参加者の悩みは多様なものでした。

イベント中は、実際にお悩みを寄せてくださった方数名と音声をつなぎました。
村瀬さん、北山さんは、「性器タッチについてママ自身はどう感じている?」「どんなときに性器タッチをするの?」など、相談者に対して、より詳しい状況や一番困っているポイントを聞き出し、ひとりひとりに寄り添った具体的なアドバイスを回答してくださいました。
90分のイベントの内容はQ&Aのコーナーだけ。お父さんお母さんの抱えているモヤモヤが少しでもなくなるよう、やりとりの時間をたっぷりとりました。

図2図3
今回のイベントはzoomウェビナーで開催
参加者の皆さんのお顔は見えないようにし ニックネームでやりとりしました

参加された方からは、「同じような悩みを抱える親がたくさんいることがわかってほっとした」「性器タッチが特別な物や悪いものではないことがよく理解できた」などのご感想を頂きました。今後も“パートナーやパパ友・ママ友にはなかなか相談しにくい““誰に相談していいかわからない“ような性のお悩みを持つパパママが集える場を提供できればと考えています。
次回もお楽しみに!

「3~5歳ではじめよう! 今日からできる性教育 #2 どうする?こどもの性器タッチ」
出演:村瀬幸浩 北山ひと美 藤江千紘 
クリエイティブディレクション:古屋遙  
デザイン:吉田ちかげ 
制作:NHKエデュケーショナル

▼こちらの記事もぜひご覧ください!

イベントレポート だいすけおにいさんと学ぶこどもを守るYESNO(5/16)

PR

×     閉じる