すくすくアイデア大賞2019傑作選(1)子どものニガテ克服アイデア

クリップ
クリップ

2020/07/20

出典:まいにちスクスク[放送日]2020/07/20[再放送]2020/07/27

子どもとの時間を楽しくしたい! 子育ての困りごとを解決したい! そう思うことはありませんか? 2019年の「すくすくアイデア大賞」から、よりすぐりの傑作アイデアを紹介します。
今回は、子どもの苦手が克服できるアイデアです。

お姉ちゃんのお楽しみトイレ

ママが「なかなかトイレでウンチができない…」と困っていた弟のトイレ。自分にも何かできないかと思ってお姉ちゃん(6歳)が考えたアイデアが「お姉ちゃんのお楽しみトイレ」です。弟が「ウンチができたらいいことがある! 」と思えるように作戦をたてました。

まず、弟が少しでもウンチのそぶりを見せたら、「はい、行くよ!」と手を引いてトイレに連れて行きます。トイレに入ったら「がんばれ!がんばれ!」と精一杯、応援します。

無事にウンチが出たら、一緒に喜びをわかちあいます。

続いて、お姉ちゃんお手製の金メダルを授与。

そして、ご褒美のくじ引きです。くじ引きの賞品は、「おとうさんの たかい たかい」など、家族と好きな遊びができるチケットです。
このように、トイレでウンチをすることを全力で応援して、褒めて、盛り上げていきます。
ママは「お姉ちゃんのおかげでウンチが家族の楽しいイベントになった」と感謝しているそうです。

ぼくのマイカー! おうちドライブ

おばあちゃんの心配事は、いつも元気いっぱいの孫が「大の怖がり」なこと。夜になると、電気がついていても、ひとりでトイレやお風呂に行くことができません。
そこで考えたのが、このアイデアです。

まず、トイレットペーパーの芯で車を作ります。車のイラストを描いて、孫の写真を貼って、孫のマイカーに仕立てます。

続いて、移動する経路にゴムひもを張ります。居間のドアのところでゴムひもを画びょうなどでとめ、ここをスタート地点にします。これを、お風呂のある洗面台まで引っ張って画びょうなどで固定します。
家の中で移動したいときには、張りめぐらされたゴムひもに車を通します。ゴムひもをたどって車を走らせれば、目的地まで行けるというわけ。
孫が怖がらないように、移動中の壁に大好きなものを貼っておくこともポイントです。

車と一緒に行くことで、楽しみながら怖がらずに移動できるようになりました。


まいにちスクスク
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら

PR

×     閉じる