「お願い上手」への最初の一歩

クリップ
クリップ

2019/01/05

出典:すくすく子育て[放送日]2019/01/05[再放送]2019/01/12

子育てや家事で誰かに頼りたくても、なかなかお願いすることができない。そんな「お願いが苦手」な人でも、最初の一歩を踏み出せるような場所があります。

地域子育て支援拠点「ふらっとスペース金剛」(大阪・富田林市)は、そんな場所のひとつです。頼れる人がいなくて、孤独で苦しい子育てを経験したママたち自身が、15年前に作ったそうです。ママ同士がお願いしあう体験を、小さなことから少しずつ積み重ねていけるといいます。

ママ同士で頼りあう場所

こちらのママは、6か月の赤ちゃんを連れています。最近この場所に来るようになったといいます。この日は知り合いのママが誰もいないようでした。

それでも、「だっこしないほうが、泣かないんですかね?」と声をかけてくれるママがいたので、そのまま赤ちゃんをお願いしてみました。

ママは、少し離れて見守りながらお茶タイムです。
安心してお願いの第一歩が踏み出せたようです。

スタッフが仲介してママをつなげる

今度は、男の子(1歳9か月)のママが用事で外出する少しの間、子どもをお願いしていました。

ママの姿が見えなくなって泣いてしまった男の子を、お友達のママがだっこしてあげます。自分の子どもとお願いされた子どもを一緒にみているそうです。

実は、こんなママたちの関係は、「ふらっとスペース金剛」のスタッフが仲介役となることで広がっているといいます。はじめてのママ同士が直接お願いしあうことは難しいけど、スタッフが間に入ることでお願いしやすくなるわけです。
お願いしあうことを続けていくと、ママ同士の関係も深まっていきます。ここは、そんなママたちをゆっくり見守ってくれる場所かもしれません。

「ちょっと見とくよ」「ちょっとだっこするよ」と言いあえる関係ができていれば、いざピンチになったときでも、子どもを預けることができると思います。この場所が、人に頼ってもいいという安心感や信頼につながればと思っています。
(ふらっとスペース金剛 相談役 岡本聡子さん)

子育ての相談やお願いをしたいとき

「ふらっとスペース金剛」のように、親子の交流や、子育ての相談もできる「地域子育て支援拠点(子育てひろば、子育て支援センターなど)」は、現在、全国に7000か所以上あります。
他にも、子育て中の「お願い」や「相談」ができるところがあるので紹介します。

ファミリー・サポート・センター(女性労働協会)

子どもの預かりや送迎などの育児支援を行っています。
www.jaaww.or.jp/service/family_support/

ホームスタート

無償ボランティアが訪問して、親子と一緒に家事育児やお出かけをしてくれます。
www.homestartjapan.org

無料のインターネット通話 NPO法人「リスニングママ・プロジェクト」

無料のインターネット通話で、ママの愚痴やモヤモヤを寄り添って聞いてくれます。
lis-mom.jimdo.com



子どものこと、お願いしたら迷惑じゃない?

相手とケンカにならないようなお願いのしかたを教えて!

子育てのしかたが違う相手に子どもをお願いすることが不安…

愚痴や弱音はどこで吐いたらいいの?


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる