山根良顕のパパ修業(4)運動能力を発達させる遊び

クリップ
クリップ

1

2017/11/02

出典:まいにちスクスク[放送日]2017/11/02[再放送]2017/11/09

育児をするパパ、増えてきましたよね。でも、さまざまな育児方法を身につけるのは大変です。
そこで! 新米パパの山根良顕さんが「すくすく子育て」の中で専門家の先生に教えていただいた育児方法をご紹介します。

講師:鈴木康弘(十文字学園女子大学 幼児教育学科 准教授)
幼児期の遊びを研究している。

今回のテーマは“遊び”。
ただの「遊び」ではなく、遊ぶことによって運動能力が発達していく、運動遊びを紹介してもらいました。

ペンギン歩き

<遊び方>

大人の足の上に子どもを乗せ、一緒に歩きます。

<運動について>

子どもは大人の足から落ちないように、足底筋という足の裏にある筋肉を緊張させます。土踏まずの形成などにも効果があると言われています。

マット揺らし

<遊び方>

子どもをマットの上に立たせて、10秒間グラグラ揺らすだけ。
家で遊ぶときは、布団でできますよ。

時間を決め、揺れの大きさを子どもたちに選ばせると、ゲーム感覚で遊んでくれるので盛り上がること間違いなしです。

<運動について>

揺れているマットの上に立ち続けることで、バランス力が養われます。

しっぽ鬼ごっこ

<遊び方>

パパのお尻にハンカチを付け、子どもたちから逃げ回ります。
ハンカチを取ったら子どもが勝ち。いわば鬼ごっこです。

<運動について>

ただ走るのではなく、パパの逃げ方に合わせて走ることになります。パパに合わせることで、スピードや方向などをコントロールしながら走る運動能力が鍛えられます。
 
 
パパもいい運動になりますよ! 一緒に頑張りましょう!


同じ週に放送された番組記事


まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる