牛乳パックの手作りおもちゃ(1)人形遊びができるおもちゃ

クリップ
クリップ

4

2019/02/11

出典:まいにちスクスク[放送日]2019/02/11[再放送]2019/02/18


身近にある材料で、子どもが喜ぶおもちゃが作れたらいいですよね。そんな手作りおもちゃの材料にピッタリなのが「牛乳パック」です。親子で「牛乳パックおもちゃ」を楽しんでみましょう。

善本眞弓講師:
善本眞弓(東京成徳大学 子ども学部 教授)
牛乳パックは、手軽に手に入り、加工しやすく、丈夫で、水にも強いので水を使った遊びにも使えます。親子で一緒に作って遊んでみてください。

今回は、人形遊びができるおもちゃを紹介します。

牛乳パックの下準備

おもちゃを作る前に、牛乳パックの下準備をしておきます。


牛乳パックの注ぎ口を閉じて、しっかりゆすぎます。

食器用の洗剤で牛乳パックを丁寧に洗ってよく流します。

牛乳パックを逆さに置き、しっかり乾かしておきましょう。

パンダのパクパクちゃん

最初に作るのは「パンダのパクパクちゃん」です。

<作り方>


牛乳パックの注ぎ口を平らにして、切り取ります。
かたいので気をつけて切ってください。


赤く示した角(2か所)から、切り込みを入れていきます。
底から3~4cmを残しておきましょう。



牛乳パックを外側に開き、しっかり折り目をつけます。


底の部分を持って、開いたり閉じたりすると、パクパク動きます。


続いて、片方に耳を描き、線に沿って切っていきます。


反対側に折り重ねて、耳の形に合わせて切ると、左右対称になります。


油性ペンで顔や手足を描いたら、「パンダのパクパクちゃん」の完成です。
胴体の部分は、角を丸く切っておきましょう。

いろいろな動物を作っても楽しいですよ。

動物まねっこ帽子

続いて、「動物まねっこ帽子」を作ります。

<作り方>


牛乳パックの4つの辺を切って開きます。


そのうち、1つの面を切り分けます。


子どもの頭に巻いて、頭の大きさに合わせて輪っかを作ります。


大きさを決めたら、テープでしっかり固定します。

続いて、切り分けていた部分で帽子の耳を作っていきます。




注ぎ口を切り取り、半分に折って、耳の形になるように切ります。



油性ペンで耳の色を塗り、顔を描いて、耳をテープで貼り付けます。

これで「動物まねっこ帽子」の完成です。

耳の形を変えれば、いろいろな動物の帽子が作れます。

牛乳パックおもちゃで、親子一緒に遊んでみてくださいね。


同じ週に放送された番組記事


まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる