子育て家族のラクラクキッチン(1)キッチン周りの整理収納術①

クリップ
クリップ

1

2017/09/25

出典:まいにちスクスク[放送日]2017/09/25[再放送]2017/10/02

毎日の家事って面倒! 特に小さい子どもがいるとなおさらですよね。
そんな家事をラクにするコツを紹介します。

講師:本間朝子(知的家事プロデューサー)
効率よく家事をするというのは「手を抜く」ことではなく「ムダな手間を省く」ことです。
浮いた時間は、お子さんと触れ合う時間にあてましょう。

子育て中は、いつの間にかモノが増えていきますよね。
今回のテーマは「キッチン周りの整理収納術」。男の子(7か月)がいるご家族のお宅へ伺いました。

モノを把握して整理収納

こちらがキッチンです。子どもの離乳食のセットなどをしまう場所があちこちに分散して、上手くしまえないことに困っているそうです。

調理台の奥のダンボールにはよく使う離乳食の容器が、戸棚の中にはフリーズドライの離乳食セットや子ども用歯ブラシがありました。さらに、キッチンカウンターには哺乳瓶の消毒ケースや使っていない離乳食用の調理器具や搾乳器もありました。

本間朝子さんキッチンに分散している子ども用のモノ。全体を見直したほうがよいのですが、体力や時間もかかるので、まずは調理台の上を見直して子ども用のモノをまとめるスペースを作っていきましょう。
(本間朝子さん)

<調理台に置くべきモノを把握しよう>

整理整頓の基本は、持っているモノを把握すること。まずは、調理台の上にあるモノを全て広げてみます。

次に、モノを「いる」「いらない」「別の場所に移動する」に分けていきます。

このように、調理台に置くべきモノを把握していきます。

モノを減らせば、調理台がこんなにすっきり。

空箱や紙袋を収納に活用

整理収納をする場合、カゴやケースなどの「収納グッズ」を先に購入しがちですよね。でも、買ってはみたものの結局は必要なかったり部屋に合わなかったり。
収納グッズを買う前に、余ったお菓子の空箱や紙袋などがないかチェックしてみましょう。
今こそ生かすチャンスですよ。

<紙袋を収納に活用しよう>

例えば、紙袋は次のように工夫すれば収納になります。

まず、持ち手の部分を切り取ります。

入れるモノの高さに合わせて内側に折り込みます。

これだけで、収納ケースに早変わりです!

子ども用のモノを整理

紙袋やお菓子の箱を収納ケースにして、分散していた「子ども用のモノ」をまとめます。
調理台を整理してできたスペースに、すっきり収まりました。

L字型のキッチンの場合は、少し奥が取り出しづらい場合があります。そんなときは、紙袋の取っ手を切って、テープで内側に貼り付けると取り出しやすくなりますよ。

作ったケースが不要になったら、ためらいなく捨てられるのもいいですね。


整理収納は、はじめから完璧にやろうとせず、小さなスタートから始めましょう。


同じ週に放送された番組記事


まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる