おもらし汚れを楽に落とすテクニック

クリップ
クリップ

8

2018/07/28

出典:すくすく子育て[放送日]2018/07/28[再放送]2018/08/04

子どもがおもらししちゃったとき、洗濯や掃除でイライラしてしまうこともありますよね。
そこで、中村祐一さん(洗濯アドバイザー)に、少しでも楽になるテクニックを教えてもらいました。

衣服の汚れ

おもらしで汚れた服には、刺激が少なく除菌もできる「酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)」がおすすめ。粉末と液体がありますが、粉末のほうが洗浄力が高いです。ドラッグストアなどで購入できます。

<つけおきが基本>

においや汚れを残さずに洗う基本は「つけおき」です。

お湯(40℃程度)1リットルに対して、小さじ1杯の酸素系漂白剤を溶かします。

ここに、うんちなどを取り除いたパンツを 20~30分 つけおきします。ゴシゴシしなくても大丈夫です。つけおきした後は、除菌ができているので他の洗濯物と一緒に洗えます。

<こびりついた汚れは?>


こびりついて落ちないうんちの汚れは、熱いお湯と粉のままの酸素系漂白剤で洗います。
ブラシなどで落としましょう。

<洗濯ものを干すとき>

しつこいうんちの染みは、紫外線に当てると落ちやすくなるので、ひなた干しがおすすめです。

じゅうたんの汚れ

洗濯しづらい「じゅうたん」などにおもらししたときは、手早く汚れを吸い取ることが大事。
そんなときに便利なのが「ペット用のシート」です。

ペット用のシートは、大量の水分を一気に吸い取ってくれる優れものです。ぬれた汚れは、すぐにシートやタオルで吸い取って、アルコールのスプレーを吹いて拭き取りましょう。
スプレーは、消毒用エタノール100mlに、抗菌作用がある柔軟剤を2~3滴入れたものを使います。

ペット用のシートとスプレーを、合わせて常備しておくと便利ですよ。

嫌なにおいや汚れが残らないように、用途に合った洗濯の方法を覚えて、少しでもイライラを減らせるといいですね。



トイレトレーニング どうすすめればいい?

トイレへ誘うためのよい方法は?

遊びに夢中なとき、おもらししてしまう。どうすればいい?

おしっこはトイレでするのに、うんちはおむつにする。どうして?


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる