非認知能力を育むために、どんな遊びをすればいい?

クリップ
クリップ

1

2018/09/01

出典:すくすく子育て[放送日]2018/09/01

「非認知能力」ということばを知り、子どものためによい遊びは何か試行錯誤しています。パズル(タングラム)を与えて、声かけをしながら遊んだりしていますが、ちょっと難しいようでイライラして、私が教えてあげることもあります。自分で考えて遊ぶのがいいのか、本人が楽しそうならいいのか、それが非認知能力に活かせるかわからない場合もあります。非認知能力を育むためには、どんな遊びをすればいいんでしょうか?
(2歳9か月と11か月の女の子をもつママより)

やりたいという気持ちが“遊びの質”を高める

河邉貴子さん回答:河邉貴子さん

子どもは、自分ができたことを土台にして、自分から次の課題を見つけます。ちょっと難しいことに挑戦したいわけです。そんな“やってみたい”という気持ちが“遊びの質”を高めます。遊んでいたパズルは、お子さんにとって少し難しかったのかもしれませんが、できないときに焦って答えを教えてあげるより、「難しいね」と子どもの気持ちに共感してあげるとよいのではないかと思います。

パズルができなくてイライラしたとき、がんばらせてあげることが非認知能力を伸ばすことにつながりますか?

一生懸命取り組めたという体験が重要

遠藤利彦さん回答:遠藤利彦さん

乳幼児期の段階では「○○ができるようになった」という達成度より、子どもがおもしろがって一生懸命取り組めたという体験が重要だと思います。失敗も悪いことではありません。失敗を通していろいろなことを学びますので、手助けをして、イライラを解消してあげることを急がなくてもよいのではないでしょうか。失敗しても、子どもが夢中で何かをしようとしているなら、先回りせず、じっくりと構えて子どもに関わっていくことが大切だと思います。


「非認知能力」って、どんな力?

非認知能力を育てるには、いつから、どんなことをすればいい?

親は子どもの遊びにどう関わればいい?

子どもに接する時間が少ないと、心の育ちに影響はある?

非認知能力と性格に関連性はある?


すくすくポイント

「ごっこ遊び」は子どもの世界を広げる


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる