子どもと植物を育ててみよう(2)寄せ植え

クリップ
クリップ

2022/07/30

出典:まいにちスクスク[放送日]2022/07/30[再放送]2022/08/02

子どもと一緒に植物を育ててみませんか? 親子でガーデニングを楽しんでいるという、園芸家の井上華子さんに教えてもらいました。
今回は、ハーブや季節の花をひとつの鉢にまとめる「寄せ植え」です。育て方も簡単です。

講師:
井上華子(園芸家)

用意するもの

直径20cm以上の鉢、受け皿、草花用の培養土、鉢底石、シャベル、じょうろを用意します。

今回、寄せ植えはこちら3株。ハーブのローズマリー、季節の花はマリーゴールド、そして、アイビーです。

寄せ植えのしかた

それでは、寄せ植えをしてみましょう。

まず、鉢に鉢底石を入れます。底が隠れるぐらいまで入れてください。

続いて、土を半分くらいまで入れます。

ここで、苗をポットのまま置き、場所や土の高さを確認します。鉢のふちから3cmほど下に苗の土がくるのが目安です。鉢に入れる土を調整してください。

いったん苗を取り出して、指をVの字にして苗をはさみ、逆さにしてポットを外します。このまま、そっと植え付けてください。

全ての苗を入れます。

苗のすき間に土を入れて、おおよそ入ったところで鉢をトントンして土をならします。
真ん中に土が入っていないことがあるので、最後に確認してください。

植えたらすぐに水やりします。鉢底から水が出てくるくらい、たっぷりあげましょう。

これで完成です。

育て方のポイント

鉢は、日当たりと風通しのよいところに置いてください。

土の表面が乾いたら、たっぷり水をあげます。

受け皿にたまった水は、必ず捨てましょう。

井上華子さん

自分で植えてお世話すると、植物が変化していく様子を身近に感じることができます。寄せ植えを、ぜひ楽しんでみてくださいね。

まいにちスクスク「子どもと植物を育ててみよう」の番組記事

まいにちスクスク
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら

PR

×     閉じる