私の子育て厳しすぎ?(1)なぜ厳しくなってしまうの?

クリップ
クリップ

2020/07/27

出典:まいにちスクスク[放送日]2020/07/27[再放送]2020/08/03

子どもをきつく叱ってしまうことがある、私は厳しすぎるのかもしれない…… そんな悩みが、多くの親たちから番組に寄せられています。そこで、親子の心理にくわしい大日向雅美さん、教育学が専門の汐見稔幸さんにお話をうかがいました。

専門家:
大日向雅美(恵泉女学園大学 学長/発達心理学)
汐見稔幸(東京大学 名誉教授/教育学)

自分が厳しすぎると思ったら

あなただけではない

汐見稔幸さん

いまの時代、多くの親が、子どもに対して怖い感じで叱っています。 もし「私はカッとなりやすいかも」と思ったなら、それは、あなただけではないのです。まずは、そのことをよく知ってほしいと思います。

特殊な関係性で厳しくなりがち

大日向雅美さん

本来、親と子は別の人格ですが、母と子は心理的な距離感がとりにくい傾向があります。そんな母と子の特殊な関係性のために、厳しくなりやすいことがあります。 

なぜ、厳しくなってしまうのか

—— 何度教えても靴下が履けないなど、まだ小さな子はできなくて当たり前のことを、「どうしてできないの?」とイライラしてしまう。なぜ、こんなにも厳しくなってしまうのでしょうか。

自分の子どもへの期待は高くなるもの

汐見稔幸さん

親は、自分の子どもへの期待を高く持ってしまうものです。他の子どもであれば気にならない場合でも、自分の子どもができなかったり、周りの子より遅れていると感じたりすると、必死に教えようとします。でも、すぐに子どもができるわけではないので、「どうしてできないの!」と怒ってしまいやすい。これは親の常なんです。

先が見えず、自信が持ちにくいことも

汐見稔幸さん

以前は、子どもが大きくなったら、地域産業の仕事に就いたり、家業を手伝ったり、勉強が好きであれば学業に進んだり、将来がある程度みえた中で子育てをしていました。
でも、今は未来の社会がどのようになるのか、想像することが難しいですよね。親と同じ道をたどってもだめかもしれない、そんな情報もたくさん目にします。 
子どもへの期待が高くなる一方で、自分の育て方への自信を持ちにくく、余裕を失いがちな事情があると思います。

親子で少し気持ちの距離をとる

大日向雅美さん

私は、孫にたいしては「できても、できなくても子どもだからね」と思えました。子どもとの心理的な距離をとりやすかったのです。でも、自分の子であれば、子どもができないことへの責任を感じてしまうでしょう。厳しくなり過ぎないためには、このような親子の距離感が大切だと思います。例えば、ある程度までは親が努力する、その先は子どもに任せるくらいの、ゆとりが持てるといいですね。

それでも、はじめての子や、二人きょうだいだと、なかなか難しいと思います。そんなときは、「私はまだ新米だから怒りやすいんだ、しかたない」「まぁいっか」と考えてみましょう。そんな自分を許す言葉も大事だと思います。
つらくなってきたら、これまでよりも少し気持ちの距離をとって、子どもと向き合ってみてください。

まいにちスクスク
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら

PR

×     閉じる