調理の際の家事ストレスをなくす方法

クリップ
クリップ

1

2017/12/09

出典:すくすく子育て[放送日]2017/12/09[再放送]2017/12/15

忙しいママにとって、毎日の調理時間を短くできたらうれしいですよね。
その時短テクニックを、本間朝子さん(知的家事プロデューサー)に教えてもらいました。
ムダな動きを無くす工夫をすれば、家事ストレスがぐっと減りますよ。

キッチンのコックピット化

キッチンは、飛行機の操縦席のコックピットをイメージすると、とても効率的になります。コックピットでは、自分が動かなくても、手を伸ばすだけで必要なモノに手が届くようになっています。キッチンも同じように、一番使いたいモノが、さっと手に取れるように配置していくと、とても便利になるんです。

<横のゾーン>

まず、キッチンの横のゾーンに注目しましょう。

シンク周り、調理台、コンロ周りの3つに分けられます。


コンロ周りにはフライパンなどの加熱や調味に使うモノ、シンク周りにはボウルなど水を使うモノを配置すると作業がスムーズになります。
使う場所に合わせて、モノの配置を決めるのがポイントです。

<縦のゾーン>

次に、縦のゾーンの配置を決めていきます。

立ったままで手が届くところが、一番取り出しやすいですよね。

背伸びしたり、かがんだりせずに手が届く“ゴールデンゾーン”に、使用頻度の高いモノを置くと、毎日の作業が楽になります。


使用頻度が低く軽いモノは高い位置に、重いモノは低い位置に配置するのがポイントです。


ムダな動きを省いて、家事ストレスを少なくしましょう。
浮いた時間は、子どもと触れ合う時間にあてられるといいですね。



予定通り進まない家事、どうしたらいい?

専業主婦は家事をひとりでするべき?

パパとの上手な家事シェアの方法は?

夫婦で互いの家事のやり方が違うのでイライラしてしまう


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる