産後ケアサービスを利用しよう(3)赤ちゃんの心配事 助産師に相談しよう

クリップ
クリップ

2018/07/18

出典:まいにちスクスク[放送日]2018/07/18[再放送]2018/07/25

赤ちゃんの体重が増えているかどうか、赤ちゃんが泣き続けているけど理由がわからない。
そういった心配事をためていくと、自分にストレスがかかり過ぎてしまいます。子育ての悩み、育児のスタートで困ったら、赤ちゃんのことも助産師に相談してみましょう。

講師:市川香織(文京学院大学准教授)

初めての出産、待ったなしで始まる子育て。産後ママが困ったとき、どこに相談すればいいのでしょう?
そんなママたちを助けてくれる産後ケアサービスをご紹介します。

赤ちゃんのことを相談してみよう

どのような相談があるのか、埼玉県和光市にある助産院を訪ねてみました。

この日、赤ちゃんの体重が増えているか心配だというママが訪れていました。
出産は別の病院でしたが、子育ての心配事があると、この助産院に相談にくるそうです。

気になっていた体重を確認してもらうと、しっかり増えていました。
続けて、おっぱいの飲ませ方を指導してもらいます。

赤ちゃんの体重も順調、おっぱいの指導も受け、ママもすっかり安心できたようです。

こちらのママは、以前2人目を妊娠したとき、上の子にこれまで通り手をかけられないのではないかと悩んでいたそうです。そのとき、助産師さんから「子どもがしてほしいのは心配じゃなくて信頼だよ」と言ってもらえたそうです。
上の子が大きくなった今も、助産師さんにもらった言葉を大切にしているといいます。

ママだけではなく、赤ちゃんやパパなど家族全体を見て、その人たちにぴったりなアドバイスができるのが助産師のいいところかなと思います。
(助産院院長 助産師 伊東優子さん)

助産師は、ママと一緒に子どもの成長を支え、子育てを見守ってくれる心強い存在なのです。

助産師の役割が見直されている

以前から、何でも困ったことがあれば助産師が相談を受けていました。産後ケアが注目されることによって、あらためて助産師の役割が見直されています。


助産師は、そこで赤ちゃんを産んでいてもいなくても相談ができるママの強い味方。
地域の助産師は、保健センターなどで教えてくれます。調べておくと安心ですね。


同じ週に放送された番組記事


まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる