好き嫌いをつくらない幼児食~子どもが食べやすい!切り方~

クリップ
クリップ

5

2016/11/03

出典:まいにちスクスク[放送日]2016/11/03[再放送]2016/11/10


子どもが食べやすい!切り方

今回は食材の切り方に注目!子どもにとって、大きいものや固いもの、繊維の多いものをかむのはとても大変で、これが好き嫌いにも影響します。食べやすい切り方を工夫して、おいしく食べられるようにしてあげましょう。


6629

講師:上田淳子さん
味付けや調理法をちょっと工夫して、苦手な食材でも子どもが喜んで食べてくれる料理に! ふたごの男の子の子育て経験をもつ料理研究家の上田淳子さんに、簡単でおいしく、栄養満点の幼児食の作り方を教わります。

肉と野菜のあんかけ焼きそば

06262014_31

【材料】(1人前)

焼きそば麺 2/3玉
豚薄切り肉 50g
白菜 100g
ニンジン 30g
ピーマン 100ml

水溶き片栗粉 (片栗粉小さじ1強1/2、水小さじ2)
塩 適量
ごま油 大さじ1/2

06262014_32

【作り方】

1.ピーマンは縦方向の繊維を断ち切るように細切りにする(麺に絡まりやすい細さ)。

06262014_33

2.ニンジンは皮をむき、繊維を断ち切るように輪切りにしてから細切りにする。

06262014_34

3.白菜も繊維を断ち切るように細切りにする。

06262014_35

4.豚薄切り肉は繊維の流れを見て、それを断ち切るように3cm程度の細切りにする。

06262014_36

5.焼きそば麺はかたまりの状態で4つに切り、ほぐしながらごま油で炒める。色がついたら一旦、皿に取り出す。

06262014_37

6.鍋に肉、ニンジン、ピーマンと火の通りにくい順に入れ、1分ほど炒める。

7.しんなりしたら白菜を加え、軽く炒めたあと水を加える。

8.煮立ったら火を弱め、野菜が柔らかくなるまで煮る。

9.塩で味をととのえ、水溶き片栗粉を全体にまわしかけてとろみをつける。

06262014_38

10.皿に取り出しておいた麺にかける。

【POINT!】 切り方+とろみで食べやすく
大人の歯に生え替わるまで、固いものや繊維の多いものは小さく(または細く)切るのが基本です。それでもかみ切れないとき、とろみのついた液体に入っていると飲み込みやすくなります。
かんだ後に子どもがきちんとの飲み込めているかも確認しましょう!

06262014_39

ミートソース

【材料】

(1人前)
タマネギ 40g
ニンジン 30g
合いびき肉 50g
オリーブ油 小さじ1
トマト缶 大さじ1

トマトケチャップ 小さじ2
ソース 小さじ1
塩 適量

06262014_41

【作り方】

1.タマネギ、ニンジンはみじん切りにする。

2.オリーブ油でしんなりするまで炒め、甘みを引き出す。

06262014_42

3.ひき肉を加えてさらに炒める。

4.肉の色が変わったらトマトを加え、さらにケチャップとソースを加えて弱火で3~5分煮込んで出来上がり。

※ミートソースは小分けにして冷凍保存も可能(2~3週間)

06262014_43

【POINT!】ミートソースは子どもの「好き」がいっぱい!
苦手な野菜もみじん切りにすれば食べやすく、油で炒めることで甘みも出ます。またひき肉も子どもの食べやすい肉の代表です。ごはんやトーストにのせるなど、いろいろな料理にも活用できて便利ですよ。

06262014_44


同じ週に放送された番組記事


まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる