ちょこっと縫ってかんたん入園グッズ「ランチョンマットでレッスンバッグ」「デニムうわばき入れ」

クリップ
クリップ

5

2018/01/15

出典:まいにちスクスク[放送日]2018/01/15[再放送]2018/01/22


「ランチョンマットでレッスンバッグ」「デニムうわばき入れ」


ちょこっと縫ってかんたん入園グッズ

講師:いしかわ まりこ(造形作家)
縫い物が苦手なママ・パパ必見!
ミシンを使わない入園グッズの作り方です。
今回はタオルやハンカチなどの、端の処理が不要な生地を使うため、縫う量がとても少ないですよ。楽チンに作れるポイントを紹介します!

ランチョンマットでレッスンバッグ

ランチョンマットでレッスンバッグ

<用意するもの>
・ランチョンマット(28×38cm) 2枚
・カバンテープ
・大きめのボタン(直径2.5~2.8cm) 4個
・ワッペンなどのお好みの飾り
・刺しゅう糸
・洗える布用接着剤

<作り方>

(1)バッグを縫う。
まずは、ランチョンマットを重ねて、ずれないように四隅を安全ピンでとめます。
重ねるときは、2枚のランチョンマットを外表に重ね合わせてください。
待ち針よりも安全ピンの方が作業しやすくなります。

つぎに、バッグの底の部分を縫います。
ランチョンマットの端から1cm内側を刺しゅう糸で縫います。

袋状にするため、下の写真のように、3辺とも同じように縫ってください。
丈夫な刺しゅう糸を使って、縫い目もアクセントになります。

▽1辺の縫い方
縫い始めは、ランチョンマットの中側から針をいれ、かがり縫いのように2、3回縫い、2枚のランチョンマットをしっかりとめます。

そのあとは、1cm間隔で反対の端まで縫っていきます。
縫いどまりは、2、3回かがり縫いをし、中側で玉留めをします。

(2)持ち手を作る。
まず、カバンテープを半分に切ります。

つぎに、半分に切ったカバンテープとボタンを一緒にバッグに縫いつけます。
下の写真のように、バッグの上から4cmのあたりに縫いつけてください。

▽ポイント
ボタンを縫いつけるときは、×印になるようにすると、さらにかわいさがアップします。

縫い終わったら、カバンテープの周りを洗える接着剤で補強しましょう。

(3)ワッペンを好きな場所に貼りつける。
これで「レッスンバッグ」の完成です!


デニムうわばき入れ

ジーンズの形をいかして作ります。両側が縫われているので、少し縫うだけで出来ますよ。

デニムうわばき入れ

<用意するもの>
・パパ・ママの使い古しのジーンズ(裾の幅18cm以上)
・カバンテープ(2.5×35cm)
・刺しゅう糸
・ボタン
・Dカン
・ワッペン

<作り方>
(1)カバン部分を作る。
まず、ジーンズを切り取ります。
ピンキングバサミで、裾から30cmのところを切りましょう。

つぎに、切り取ったジーンズを縫います。
切り取った辺から3cm内側を縫いましょう。

(2)持ち手を作る。
まず、ジーンズの片方の裾の真ん中にDカンを縫いつけます。

つぎに、Dカンとは反対側に、カバンテープとボタンを縫いつけます。
カバンテープは二つ折りにして、下の写真のようにジーンズの片面に縫いつけてください。
これが持ち手になります。Dカンに通して使います。

縫い終わったら、洗える接着剤で補強します。
カバンテープを接着剤で止めましょう。

縫い目より下の部分も接着剤で閉じます。

(3)ワッペンを貼りつける。
これで「デニムうわばき入れ」の完成です。

■ポイント

刺しゅう糸の縫い目は、思い切って見せてみましょう。
カラフルなので、縫い目が曲がっても、味が出てかわいいですよ。


同じ週に放送された番組記事


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる