不審者についての注意は子どもにどう伝える?

クリップ
クリップ

1

2016/01/23

出典:すくすく子育て[放送日]2016/01/23[再放送]2016/01/29

不審者について注意するときに、あまり注意しすぎると子どもを怖がらせてしまうのではないかと心配です。どのように伝えるのがいいのでしょうか?

「知らない人にはついていかない」のように、約束ごととして伝える

岩立 京子さん回答:岩立 京子さん

「悪い人がいっぱいいるよ」と伝えるのでは、子どもを怖がらせてしまうので、「知らない人にはついていかないでね」や「寄り道はしないでね」のように、約束ごととして子どもに話すと伝わりやすいと思います。

地域の中で、子どもを見守る

倉石 哲也さん回答:倉石 哲也さん

地域の中の親同士が顔見知りになり、大人が子どもを見守っていくという環境は、震災や何かトラブルがあった際に役立ちます。また周囲の人と知り合う際は、子どもも一緒に会うようにすると、子どもにとっても安心できると思います。


自分のことを1人でできるようになるには?

親が手を貸すのは、どの程度がいい?

登下校の練習は、いつ頃どのようにすればいい?

トイレで失敗しないようにどう声かけをすればいい?

小学校入学までに読み書きや計算はどこまで勉強させればいい?

絵が苦手な子どもに興味を持たせる働きかけは?

運動はどの程度できればいい?

子どものウソにどう付き合えばいい?


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる