子どものことばは、どう増えていくの?

クリップ
クリップ

2024/05/11

出典:すくすく子育て[放送日]2024/05/11[再放送]2024/05/16

私の語彙力があまりないので、子どもが「ヤバイ」しか言わないようになったら困るなと思って、子守唄に滝廉太郎の「花」を歌ったり、平家物語の「諸行無常の響きあり~」と言ったりしてみてます。語彙力を増やすには何をすればいいでしょうか。
(お子さん1歳3か月のママ)


―― そもそも、赤ちゃんはどうやってことばを増やしていくのですか?

睡眠・食事などの生活リズムを整え、体をしっかり動かして遊ぶ

回答:田中春野さん

よく寝て、よく食べて、生活リズムを整え、体をしっかり動かして遊ぶことです。遠回りに思えるかもしれませんが、ことばの土台になります。


―― よく「ことばのシャワーを浴びせる」と聞きますが、いいのでしょうか?

ことばを浴びせ過ぎず、子どもの反応を待つ

回答:田中春野さん

ことばを浴びせ過ぎてしまうと、子どもがどう反応しているのか見えにくくなってしまいます。子どもが今何をしているのか、どう感じているのか、少し待つ時間も大事です。


―― 久保山さん、いかがでしょうか?

動きに伴うことばは覚えやすい

回答:久保山茂樹さん

小さな子どもは、投げる動作をしながら「えいっ」と言ったり、指でカウントダウンしながら「3、2、1」と言ったり、動きに伴うことばは覚えやすいので、そういったことばだと広がっていくように思います。

「ことばをため込む時期」を大切に

回答:久保山茂樹さん

語彙が増えるのが早い子もいれば、遅い子もいます。いろんなことがわかって「言ってみたい」「こう言うんだな」とため込んで、いっぱい膨らんだときに一気にことばが出てくる子もいます。それをたのしみにするのもいいでしょう。

ことばのキャッチボールは、子どもが「ピッチャー」

回答:久保山茂樹さん

ことばのキャッチボールをするときは、子どもが「ピッチャー」と考えてみてください。子どもがことばを投げかけ、大人が受け止めるわけです。

ことばの発達がゆっくりで心配… どう考えたらいい?

子どものことば「通じあう」ってどんなこと?

PR

×     閉じる