食物アレルギー 親にできることは?

クリップ
クリップ

1

2017/06/10

出典:すくすく子育て[放送日]2017/06/10[再放送]2017/06/16

長男が10か月のときに突然、卵を食べてアレルギー反応が出ました。おかゆに卵を入れてあげたら、食後15分くらいで気持ち悪そうな感じで。全身にじんましんが出て、目の上もすごく腫れてしまいました。
血液検査をした結果、卵と大豆のアレルギーがあることがわかり、今は完全除去しています。最近、弟も卵と大豆のアレルギーであることがわかりました。
長男は乳児湿疹がひどかったので、母乳のせいなのかなとか思ったり、妊娠中に私が卵を除去したりすれば子どもの発症リスクを下げられたのかなと思っています。親にできることはあるのでしょうか?
(2歳6か月と1歳の男の子をもつママより)

妊娠中・授乳中の親の食物制限は予防にならない

大矢 幸弘さん回答:大矢 幸弘さん

妊娠中の母親が食物制限しても、アレルギーの予防にはなりません。世界のガイドラインでは、妊娠中の親の食物制限は推奨されていません。
授乳中も同じで、卵を食べないようにしても、子どもの卵アレルギーを防ぐことはできません。
また、食物が原因で乳児湿疹が出てくるわけでもありません。

 

乳児湿疹こそ肌ケアが大事

馬場 直子さん回答:馬場 直子さん

赤ちゃんは、胎内にいるときは羊水に守られています。しかし、生まれた後は、空気という乾燥した環境にさらされ、いろんな刺激があり、ちょっとした刺激でも湿疹が出やすくなります。

乳児湿疹は、非常に頻度の高い症状です。昔は、「乳児湿疹ならほっておけば治るよ」と言ってあまりケアをしてこなかった傾向があります。しかしながら、早い時期の湿疹がひどい子ほど、後で食物アレルギーなど、いろんなアレルギーになりやすいことがわかっています。

乳児湿疹こそ、放置せずにきちんとケアしましょう。乳児湿疹をはやく抑えて、保湿剤を使っていい肌の状態を保つようにすることが、親にできる大事なことです。肌ケアは、食物アレルギーなどの予防にもつながります。


うちの子 食物アレルギー?

食物アレルギーは治るの?

食物アレルギー 子どもへどう説明したらいい?

食物アレルギーについてパパ・ママへのメッセージ


すくすくポイント

食物アレルギー 最新の研究


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる