初めてでもカンタン!3歳からのお弁当(15分で完成!スピード弁当)

クリップ
クリップ

1

2015/04/08

出典:まいにちスクスク[放送日]2015/04/08[再放送]2015/04/15


15分で完成!スピード弁当

うっかり朝寝坊!?たまにはそんなこともありますよね。時間がない朝は、ごはんとおかずを作ろうと慌てるよりも、発想をガラッと変えてみましょう。1品でも大満足な、主食とおかずを合体させたスピード弁当を紹介します。


58

講師: 上田淳子(料理研究家)
子どもが3歳くらいになると、いよいよお弁当づくりがスタートする人も多いはず。でもどんなものを作ったらいいのか、悩みますよね。今週は、小さな子どもがひとりで食べやすく、冷めてもおいしいお弁当づくりのコツをマスターしましょう。

レンジ焼きそば弁当

58焼きそばの材料は、主食、野菜、肉が3対2対1。実は栄養バランスのよいメニューです。レンジを使ってさらにスピードアップしましょう。作り方のポイントは、必ず麺が冷めてから味をつけること。熱いままソースをからめると、冷めてから麺がくっついてしまいます。またソースの前にごま油をふり、さらにくっつきにくくしておくことが、小さな子どもにも食べやすい焼きそば弁当のコツです。

材料:焼きそば麺 1/2玉、ソーセージ 1本、キャベツ 25g、ニンジン 15g、水 大さじ1、ごま油 小さじ1/2、とんかつソース 大さじ1

1)半玉分の麺を食べやすい長さに切り、耐熱容器に入れる
2)そこにスライスしたキャベツとニンジン、食べやすい大きさに切ったソーセージ、塩と水を入れ、上からラップを軽くかける
3)電子レンジで2分ほど加熱し、バットなどに広げてよく冷ます
4)冷めたらまずごま油をまわしかけ、そのあとでソースをからめる

冷凍は味をつける前に

レンジで加熱したものを冷凍保存しておけば、いざというときも安心です。冷凍するときは、味を付ける前の状態で冷凍します。使うときに再度加熱し、冷ましてから味をつけましょう。冷凍庫で1〜2週間程度保存できます。

スピードサンドイッチ弁当

20120425_03時間がないときにもうひとつ、頼りになるのがパンです。
6枚切りの食パンを4等分にして、角のほうから切り込みを入れてポケット状にします。このポケットに、油を切ったツナとマヨネーズをあえたものを入れるだけ。パンがしっとりとして、食べやすいツナマヨサンドの完成です。

さらにスピードサンドイッチ「卵焼きサンド」

20120425_04溶き卵1個に塩少々、冷凍のミックスベジタブル、コクを出すための粉チーズを加え、よく混ぜます。それを丸く広げてフライパンで焼き、ツナマヨサンドと同様に4等分にした食パンに挟むだけ。いっしょにマヨネーズやケチャップを挟むと、しっとりしてより食べやすくなりますよ。

いざというときのために、主食になる冷凍ごはんや保存のきく麺を常備しておきましょう。でも本当に急いでいるときには、おにぎりひとつでも立派なお弁当です。お弁当づくりは毎日のことですから柔軟さが必要ですね。


同じ週に放送された番組記事

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる