おうちで運動遊び(2)ボールを使ってストレッチ

クリップ
クリップ

2020/11/24

出典:まいにちスクスク[放送日]2020/11/24[再放送]2020/12/01

外で遊べないとき、家の中でも体を動かして楽しく遊んであげたいですよね。そこで、1児のパパでもあり、「おかあさんといっしょ」で14年間体操のお兄さんをつとめた小林よしひささんに、おうちで無理なく楽しめる運動遊びを教えてもらいます。
今回は、家の中でできるボール遊び。ストレッチにもなるので柔軟性を高めることができます。

講師:
小林よしひさ
子どもと遊んで、親子で運動不足を解消しましょう!

ボールをパスしてみよう

まずは、向かい合って座って、ボールをパスしてみましょう。

続いて、足を開いてやってみましょう。ボールは投げずに、手渡しでパスします。
体がほぐれてきたら、少し離れてみてください。

前だけでなく左右へパスすることで、体をしっかり伸ばすことができます。

子どもが慣れてきたら、さらに離れてチャレンジしてみてくださいね。

後ろ向きぐるぐるパス

次は、体を前後に曲げる動きで、後ろ向きぐるぐるパスをしてみましょう。

まず、後ろを向いて、頭の上からボールをパスします。そのボールを、今度は足の間からパスしましょう。体を後ろに反らすときは、ゆっくり行ってください。

ボールの受け渡しをアレンジすることで体のいろんな部分をストレッチできます。体の柔軟性を高めることは、けがの防止にもなります。大人はリフレッシュにもなりますよ。

クレーンパス

続いて、足を使ってボールを渡すクレーンパスです。

おなかや太ももの筋肉を使うので、運動不足のパパ・ママにもおすすめです。床に足がつかないようにすることがポイントです。

ボールを持って回転してみるなど、パスのしかたに変化をつけるとさらに楽しめます。

ぜひ親子でチャレンジしてみてくださいね。


まいにちスクスク
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら

PR

×     閉じる