子どもといっしょに野菜をつくろう!(1)お部屋の中で小さな畑

クリップ
クリップ

1

2019/07/08

出典:まいにちスクスク[放送日]2019/07/08[再放送]2019/07/15

子どもと一緒に野菜を育ててみませんか? 自分で育てたら苦手な野菜も進んで食べてくれるかも! 野菜をおうちで気軽に育てる方法を紹介します。

子どもといっしょに野菜をつくろう!(1)お部屋の中で小さな畑

講師:深町貴子(園芸家)
お子さんの観察の機会にもなるので、是非、挑戦してみてください。
親子で簡単にできる野菜作りを紹介します。

今回は、牛乳パックを使って小さな畑でラディッシュを作ります。

牛乳パックは水に強くて丈夫。そして、紙でできているのでプランターに加工しやすいんです。

そのほか用意するのは、受け皿、野菜用培養土、ペットボトル、土すくい、ホチキス、定規など。



牛乳パック口の部分をホチキスで止め、横向きに置いて、ひとつの面を縁から1cm残して内側をカットします。ここがプランターの上部になります。


次に、底になる面から1㎝上に2㎝間隔で穴を開けます。

培養土をしっかりと詰め、中央に深さ1cm程の溝を作ります。

ラディッシュの種を1cm間隔でまいていきます。
親子で挑戦してみてください。

種をまき終わったら、土をかぶせ手で軽く押さえます。


ペットボトルに穴をあければ、ジョウロになります。(穴は必ず大人があけてください)
水は、たっぷりやりましょう。


ラディッシュは1週間程で双葉になります。
双葉が開いたら2cm間隔に間引きしましょう。

葉が増えてきたら更に4cm間隔に間引き、窓辺のような日当たりの良い場所に置きます。土の表面が乾いたら、たっぷり水をやりましょう。

種をまいて約1か月、赤く膨らんで、直径が2㎝程になったら収穫です。


同じ週に放送された番組記事


まいにちスクスク
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる