冬のおしゃれなリメ-クこども服(3)シャツで作るジャンパースカート

クリップ
クリップ

3

2019/01/23

出典:まいにちスクスク[放送日]2019/01/23[再放送]2019/01/30


パパやママが着なくなった服をリメークして、おしゃれな「こども服」を作ってみましょう。縫うところが少なく、とても簡単な作り方を紹介します。

清松加奈子講師:
清松加奈子(デザイナー)
型紙やミシンの必要がなく、縫うところが少ないこども服を考えてみました。おしゃれな仕上がりになるポイントもご紹介します。

今回は、シャツで作るジャンパースカートです。

材料

用意するのは、大人ものの着なくなったネルシャツ、バイアステープ、ポケット用のボア2枚です。

作り方


シャツを半分に折って、子どもが着ているワンピースを重ねて、マスキングテープで印を付けます。

マスキングテープの外側に沿って切り取ります。


襟の部分も、子どものワンピースを重ねて、マスキングテープで印を付けて切り取ります。

ポケットは縫い目を切って外します。

これでワンピースの形ができました。


シャツの表裏を返して、肩と脇(黄色で示した部分)を返し縫いします。
※縫い目がわかるように黄色い糸を使用しています

<襟ぐりと袖ぐりを処理する>

表に返して、襟ぐりと袖ぐりの端(黄色で示した部分)の処理をします。

襟ぐりの表側にバイアステープを置いて、折り目に沿ってなみ縫いします。




次に、バイアステープの端を折って、裏側に畳んで、折り目に沿ってなみ縫いします。



縫い終わりは、端を折り込んで縫いとめます。

これで襟の処理ができました。

袖ぐりも、襟ぐりと同じようにバイアステープを縫い付けます。

<ポケットを作る>

ポケットで使うボアは、子どもの手袋よりひとまわり大きいサイズを目安にします。


ポケットの端をU字で縫い付けます。

これで、ジャンパースカートのできあがりです。
ふわふわなボアがアクセントになります。

かなこ先生のワンポイントテクニック!





襟や裾にレースを付けると、大人っぽい雰囲気に変わります。
ぜひ試してみてください。

夏のワンピースを作る

薄手のシャツを使うと、夏にも着られるワンピースになります。
作り方は同じです。

ウエストに幅広のリボンを付けると、お出かけにぴったりなワンピースになります。


シャツのリメークだから、面倒なボタン付けの必要がありません。お気に入りの服がおしゃれなこども服に生まれ変わります。
簡単にできるので、ぜひ作ってみてください。


同じ週に放送された番組記事


まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら


PR

×     閉じる