冬のおしゃれなリメ-クこども服(1)スエットシャツで作るハーフパンツ

クリップ
クリップ

2

2019/01/21

出典:まいにちスクスク[放送日]2019/01/21[再放送]2019/01/28


パパやママが着なくなった服をリメークして、おしゃれな「こども服」を作ってみましょう。縫うところが少なく、とても簡単な作り方を紹介します。

清松加奈子講師:
清松加奈子(デザイナー)
型紙やミシンの必要がなく、縫うところが少ないこども服を考えてみました。おしゃれな仕上がりになるポイントもご紹介します。

今回は、スエットシャツで作るハーフパンツです。

材料

用意するのは、大人ものの着なくなったスエットシャツと、ロープです。

作り方



スエットシャツを半分に折り、マスキングテープを使って、袖の下の部分から水平に印を付けます。
この印の上で、スエットシャツを切り取ります。


上下を逆にして、子どもが履いているズボンを半分に折って重ねます。
マスキングテープを使って、股下になる部分に印を付けます。


印(マスキングテープ)の外側を切り取ると、ハーフパンツの形になります。


粘着クリーナーで、切り口の糸くずを取っておきます。
これだけで、カールしてかわいい仕上がりになります。


続いて、スエットシャツの表裏を返して、股下(赤く示した部分)を返し縫いします。返し縫いで、縫い目が丈夫に仕上がります。縫い終わりは玉留めしておきます。
※縫い目がわかるように黄色い糸を使用しています

<ポケットを作る>

股下を切り取ったときに余った布で、ポケットを作ります。



縁を折って、マスキングテープで仮止めし、赤く示した部分を縫い付けます。
マスキングテープの上から縫っても、後からテープを取ることができるので便利です。

<ウエストを作る>

ウエストにロープを通す穴を作ります。

中央にマスキングテープで印を付けます。

布を1枚つまんで、テープの両側に切り込みを入れます。

切り込みがほつれて広がらないように、切り込みの端を縫います。



ロープがほつれないように先端を結び、安全ピンを使ってウエストの穴に通します。


ロープを結べば、裾のカールがかわいいハーフパンツのできあがりです。
大きなポケットがポイントです。

かなこ先生のワンポイントテクニック!



ウエストに通すひもの素材を変えると、印象が大きく変わります。ロープを使うとマリンスタイル、幅広のリボンだとガーリッシュ、アクリルだとカジュアルな印象になります。

子どものスエットシャツで作る場合

ハーフパンツを、子どものスエットシャツから作ることもできます。

スエットシャツを赤く示した部分で切り取りましょう。その後の作り方は同じです。縫う部分が、大人用を使うより少なくなります。


はじめから作ると大変でハードルの高い服も、リメークなら簡単に作れます。
ぜひ、作ってみてください。


同じ週に放送された番組記事


まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら


PR

×     閉じる