子どもは寒いと鼻水が出るのはどうして?

クリップ
クリップ

2018/12/01

出典:すくすく子育て[放送日]2018/12/01[再放送]2018/12/08

小さい子どもは、寒くなると鼻水がよく出ます。これはどうしてなのでしょうか?
鼻水が出るとかぜをひいたのではないかと心配してしまいますが、そうともいえないのです。

冷たい空気を温める

寒くて空気が冷たいとき、冷たい空気は、鼻を通ることで温かくなって肺に送られます。鼻の中で出た水分によって、適切な温度や湿度に調整されるのです。
このとき出た水分が鼻水になります。鼻水が出るからといって、必ずしもかぜをひいているわけではないのです。

鼻水が、かぜの原因になることも

でも、鼻水がかぜの原因になることもあります。鼻水で鼻が詰まると口呼吸になります。すると、ウイルスや細菌が直接体内に入ってきて、感染症にかかりやすくなるのです。

鼻水は出たら取り除くことが大切

鼻づまりは、寝付きが悪くなったり、おっぱいやミルクを飲むのが大変になったり、中耳炎にかかりやすくなるなど、困ることがたくさんあります。
中でも、濁った色の粘り気のある鼻水には注意が必要です。鼻の中の炎症がひどくなっているのです。「黄色い鼻水は治りかけ」といわれることがありますが、これは間違いなのです。

鼻水は感染症を予防することもありますが、鼻づまりにならないように出たらまめに取り除くことが大切です。自分で鼻がかめない小さいうちも、ひどくなる前に取り除いてあげましょう。



冬に感染症が多いのはなぜ? 小さい子はかかりやすい?

感染症予防のために、どんなことをすればいいの?

インフルエンザの予防接種は、家族みんなでしたほうがよい?

感染症にならないために、冬のお出かけは控えた方がいいの?

感染症予防のための除菌は、どのくらいすればいいの?

お医者さんに病気がうつらないのはどうして?


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる