お着がえサポート(1)Tシャツのお着がえサポート

クリップ
クリップ

1

2018/07/30

出典:まいにちスクスク[放送日]2018/07/30[再放送]2018/08/06

赤ちゃんのときから毎日繰り返す“お着がえ”。子どもが服に興味を持って、自分でお着がえできるようになるといいですよね。そこで、保育園での取り組みを見ながら、子どもが喜ぶお着がえのサポートを紹介します。
今回は、Tシャツのお着がえサポートです。

鈴木八朗講師:
鈴木八朗(くらき永田保育園 園長)
子どもたちが、遊びや生活を通してできることが増えて、いつのまにか服を着られるようになる。それが、子どもにとってもいちばんいいことです。「いつまでにこれができないといけない」ということはありません。

保育士さんがTシャツを着せてあげるとき、「着ようね」と声がけをし、Tシャツを見せてあげると、子どもが頭を出してきました。

これを「協力動作」といいます。「自分だけでは着られないけど、一緒に服を着るよ」というサインなんです。

サポートのポイント

Tシャツの頭を通す部分を、しっかり見せてあげましょう。これを繰り返すことで、協力動作をするようになり、自分で着がえる力がついていきます。

Tシャツを着られたら、目を合わせて「できたね」と、できたことを認めて褒めてあげましょう。

腕を曲げて袖に通す動作は、子どもにとって難しい動作です。なかなかできない場合は、腕が通りやすいように、Tシャツのすそをそっと引っ張ってあげましょう。
子どもができることは自分でできるように、手伝い過ぎないことが上達のポイントです。

子どもにとっては、Tシャツから頭がパッと出てきたことすら楽しい出来事です。「できたね」「ちゃんと着られたね」と、目を合わせて認めてあげる。それだけで、しあわせな気持ちになって、次への意欲につながります。
(鈴木八朗さん)

手作りエプロンで練習しよう

保育園では、食事のときに使う「手作りエプロン」で、Tシャツを着るときの動作が身につくようにしています。エプロンをつける動作が、Tシャツを着る動作と似ているのです。



エプロンのひもを頭に通すことが、Tシャツを着る感覚の体験にもなります。0歳児でも、食事のときにエプロンをつけるのは自然な行為です。毎日こうした体験をすることで、Tシャツを着る練習になります。

<エプロンの作り方>

エプロンの作り方はとっても簡単です。

材料は、フェイスタオルとゴム(長さ約80cm)です。

まずは、タオルを半分に折ります。

折った部分を、上から2cmのところで縫い、ゴムを通す輪っかを作ります。

ゴムを通し、ゴムの端と端を縫い合わせれば完成です。

子どもの好きな色や、キャラクターのタオルで作ってあげると、きっと喜びます。お気に入りのエプロンで、たくさんつけたり外したりできるといいですね。

「何歳になったから自分で服を着ようね」ではなく、それ以前から服を着る動作に慣れていくことが大事です。Tシャツとエプロンのように、「似ている動作はないかな」という視点で子育てをしていると、いろいろな発見があると思います。
(鈴木八朗さん)

楽しみながらお着がえサポート。ぜひ、お家で試してみてくださいね。


同じ週に放送された番組記事


まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる