親子で防犯対策(3)危機から逃げる

クリップ
クリップ

1

2018/05/30

出典:まいにちスクスク[放送日]2018/05/30[再放送]2018/06/06

子どもを狙った犯罪や事件、心配ですよね。そこで、子どもが自分の身を守るために今からできることを、安全教育のエキスパートの清永奈穂さんに教えていただきます。
今回は「危機にあったとき回避する方法」です。

清永奈穂講師:
清永奈穂(NPO法人 体験型安全教育支援機構 代表理事)
小さいころから、危ないことに気がつく力、乗り越える力をつけましょう!

危ないめにあいそうになったらどうする?

あやしい人につかまりそうになったら、いろいろなことをして逃げなくてはいけません。
その対処法を「ハサミとカミはお友だち」ということばで覚えます。
お子さんと一緒に覚えてください。

今回は、「ハサミと」の部分をみていきます。

【ハ】走って逃げる
【サ】叫ぶ
【ミ】しっかり見る
【と】とびこむ  

【ミ】しっかり見る

子どもたちを狙ってくる人は、20mぐらい離れたところから、周りに人はいないか、逃げ道はないか、声をかけたらついてきそうな子がいないかと見ています。
なので、20m先をしっかり見て歩けるようになりましょう。

【ハ】走って逃げる

犯罪者は子どもに狙いを定めたら、6mくらい離れたところから襲いかかってきます。そこからつかまってしまうまでの時間は約3秒です。
ですので、早く気づいて走って逃げることが大切です。

20m逃げると、犯罪者は人目が気になり、追いかけることをあきらめるという調査結果が出ています。
20m走り切りましょう。
でも、いざ怖いことが起こると、足がすくんで動けなくなることが多いものです。あきらめずに逃げることができるように、大人が犯罪者の役になって疑似体験で練習しておきましょう。

また、いざというときは、ランドセルなどの荷物を置いて逃げることも教えておきましょう。荷物がなければ、より速く走れます。

【と】とびこむ

逃げる途中に家やお店があれば、迷わず飛び込み助けを求めましょう。
このとき、顔見知りの家やお店があると心強いですね。

「こども110番の家」も、チェックしておきましょう。

【サ】叫ぶ

ふざけた声ではなく、危機感が伝わるような大きな声で叫ぶことが大切です。
身ぶり手ぶりをつけると、より危機感が伝わります。
大きな声を出してもいい場所で、小さいうちから叫ぶ経験をして、大人は離れた場所でも伝わるかどうかをみてあげてください。

0~2歳のころからできることは?

この段階では、危機から逃げることについて、できることはあまりありませんが、ひとりで登校するようになるまでに、体の力をたっぷりつけてあげることを心がけましょう。
「とっさのときの体力」は、遊ぶことで自然と身についていきます。追いかけっこなどをして、思いっきり走るようにしましょう。


怖いめにあったとき、いちばん大事なことは、思いっきり叫んで、走って逃げることです。
赤ちゃんのころからたくさん遊ぶことが、その力につながります。


同じ週に放送された番組記事


まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる