鼻かぜを防ぐ効果的な方法は?

クリップ
クリップ

2016/05/07

出典:すくすく子育て[放送日]2016/05/07[再放送]2016/05/13

こまめに鼻水を吸い取る

守本 倫子さん回答:守本 倫子さん

集団保育を受けていると、子どもは必ず菌をもらってきてしまいます。また、菌もそのときそのときでぜんぜん違います。
菌に対する免疫ができるまでには時間がかかります。まだ鼻がかめないような小さいお子さんの場合は、こまめに鼻水を吸い取ってあげましょう。
また、鼻をかむ練習を早めに始めるといいと思います。3歳ぐらいから、鼻をかむ練習を始められますよ。

何よりも、鼻かぜを悪化させないことが大切です。
鼻水をそのままにしておくと、徐々に黄色くなり、のどに落ちるようになって、タンが混じったセキをするようになります。すると、今度はのどが炎症を起こして、喉頭炎や咽頭炎の状態になり、熱が出たり、気管支炎のような状態になったりします。

こまめに鼻水を取ってあげて、鼻水が濃縮しないように気をつけてあげましょう。


耳そうじしない方がいい?

子どもの耳そうじのコツは?

眠くなると耳をかきむしる。やめさせるにはどうすればいい?

“寝かしつけ”としての耳そうじは大丈夫?

鼻かぜのたびに中耳炎になるのはどうして?

固まった鼻水を吸いやすくする方法は?


すくすくポイント

子どもの鼻血をしっかりとラクにとめる方法

子どもの鼻血をしっかりとラクに止める方法を紹介!


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる