固まった鼻水を吸いやすくする方法は?

クリップ
クリップ

2016/05/07

出典:すくすく子育て[放送日]2016/05/07[再放送]2016/05/13

守本 倫子さん回答:守本 倫子さん

湯船に鼻までつかってブクブクと息を出して遊ぶといいです。
鼻に蒸気や湯が入り、鼻水が柔らかくなります。
また、鼻から息を出すことで、鼻をかむ練習にもなりますよ。



■小さな子どもには市販されている鼻用噴霧器
まだブクブクできない小さな子どもには、鼻用の噴霧器に、生理食塩水を入れて、鼻の中にスプレーするのもオススメです。固まった鼻水がしっとりしてくるので、鼻吸い器で吸いやすくなります。
生理食塩水は、自宅で簡単に作ることもできます。

<生理食塩水の作り方>
水500ml(ペットボトル1本分)に、塩4.5g(小さじおよそ4分の3杯~1杯弱)
※0.9%の濃度です。人の涙ぐらいのしょっぱさだと思う濃さで作れば大丈夫です。
 



耳そうじしない方がいい?

子どもの耳そうじのコツは?

眠くなると耳をかきむしる。やめさせるにはどうすればいい?

“寝かしつけ”としての耳そうじは大丈夫?

鼻かぜのたびに中耳炎になるのはどうして?

鼻かぜを防ぐ効果的な方法は?


すくすくポイント

子どもの鼻血をしっかりとラクにとめる方法

子どもの鼻血をしっかりとラクに止める方法を紹介!


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる