T.M.Revolution西川貴教さんインタビュー「おかあさんといっしょ」に声で出演中!

クリップ
クリップ

1

スキッパー

今年4月から放送がはじまった「おかあさんといっしょ」の人形劇「ガラピコぷ~」。お話の中に登場する、宇宙宅配便「グースー急便」の配達員である「スキッパー」の声を、ミュージシャンでT.M.Revolutionとして活躍中の西川貴教さんが担当しています。
4月27日の初回放送では、劇中で「グースー急便社歌」という歌を披露し、さすがの歌唱力が話題になりました。

「おかあさんといっしょ」には今回はじめて参加されている西川さんに、担当しているキャラクターのことや子どもの頃のお話などを伺いました。


Q.「おかあさんといっしょ」に声優さんとして出演されていかがですか?

「日本の国民が一度は通る番組」に出させていただいて嬉しいです。
こんなに小さい子向けの仕事は初めてなんですけど、(ファンの皆さんに)お子さんがいる人たちが増えてきていて、この番組をきっかけに自分の子どもたちに僕の話をしてくれたり、一緒に歌を歌ってくれているみたいなんです。
小さい子を育ててる間って、あんまり落ち着いて自分の時間が持てないじゃないですか。コンサートにも気軽に来てもらえない時期ですよね。「そんな時に思いがけず西川さんの歌が流れてきて、すごく嬉しかったです」ってファンの方に言っていただいたりして、僕もほんとに嬉しいです。

スキッパーは、グースー急便の仕事にすごく前向きなところが好きです。ちょっと抜けてて、いい意味で場を賑やかにする役割ですよね。演じるときは、チョロミーちゃんが(いつもキュン!としてくれるので)もっとキュンってしてもらえるようにとか、プッチマーゴさんとは、以前に二人の間で何かあったのかな?とか想像しながら演っています。
今後は、スキッパーのナンバーや、彼が主役になる話を、いっぱいお披露目したいなとコッソリ思っています。

Q.西川さんはどんな子どもでしたか?

引っ込み思案で、子ども社会になじめず、一人遊びしているような子でした。
両親が働いていたので、祖父母と過ごすことが多かったせいか、観ていたテレビも大河ドラマとか。その影響で今も歴史物の番組好きです。

Q.西川さんにとっての「レボリューション」とは?

ソロデビューして今年は20周年。ある程度のことは「目をつぶっててもできる」ようになっているわけですけど、慣れたことだけに安住したくない。
「やらなくてもいいんじゃない?」って言われることでも、やってみないと何に出会うかわからないじゃないですか。経験しないでわかったようなこと言うんじゃなく、経験から語りたい。自分の目や耳を通したものをできるだけたくさん増やしたいんです。
新しいことに常に挑戦していく、それが自分の革命です。

NHKの番組についても伺ってみました。

Q.普段NHKの番組はご覧になりますか?

いちユーザーとして、NHKは録画してでも観る番組が多いです。
最近だと「TED」や「スーパープレゼンテーション」。歴史もの、科学もの、世界遺産。
知識欲を満たしてくれます。ピラミッドの特集とか、すっごく面白かったです。

Q.印象に残っている子ども番組はありますか?

「みんなのうた」とか、じゃじゃまる・ぴっころ・ぽろりとか。病気で学校休んだときに観ていました。ワイドショーが多い時間帯に、安心してずーっとつけてられるのが教育テレビ、という印象でした。

西川貴教さん

西川貴教さん

1970年9月19日生まれ。滋賀県出身。
1996年「T.M.Revolution」としてデビュー。NHK「紅白歌合戦」にも出場するなど、国民的な支持を得ている。今年、T.M.Revolution 20周年を迎えた。


子どもの頃には「おかあさんといっしょ」の「にこにこ、ぷん」も見ていたという西川さん!今後のスキッパーの活躍が楽しみですね。

▼スキッパーについても紹介している「ガラピコぷ~」の仲間たちに関する記事はこちら。

「おかあさんといっしょ」ガラピコぷ~、しずく星の仲間たちを紹介!


▼「にこにこ、ぷん」など「おかあさんといっしょ」の歴代人形劇に関する記事はこちら。

懐かしい!!「おかあさんといっしょ」の歴代人形劇 ママ・パパが見ていたのはどれ?


©NHK

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる