知っておきたいホームケア(2)セキ・呼吸が苦しい

クリップ
クリップ

6

2017/06/06

出典:まいにちスクスク[放送日]2017/06/06[再放送]2017/06/13


セキ・呼吸が苦しい

セキは、空気の通り道である気道にタンや異物を感じたときに、それを取り除こうとする体の反応です。

実は、セキは子どもが病院を訪れる理由の上位です。
子どものセキは病院に行っても、すぐにはよくならないものです。
少しでも楽な状態で、子どもが家で過ごせるようにしてあげることが大切です。


知っておきたいホームケア(2)セキ・呼吸が苦しい

講師: 林 幸子(国立成育医療研究センター 救急センター副看護師長)
子どもの突然の発熱、セキ、おう吐、ケガなど、子育てにはハプニングがつきものです。
そのようなときにあわてないため、まずは普段から子どもの様子を観察しておくことが大切です。
病気やケガのときでも、子どもが安心して過ごせるよう、ホームケアを知っておきましょう。

セキ・呼吸が苦しいときの基本的な対応

<セキが出る場合>

セキは、「いつ」「どのような状態で」「どのようなセキが出るのか」といった子どもの症状を観察することが大切です。
観察した症状が以下のような場合は、迷わず病院へ行きましょう。
・呼吸の音が、ヒューヒュー、または、ぜーぜーしている場合
・ケンケンと変な音がするセキの場合
・息が苦しそうな場合
・顔色が悪い場合

▼病院へ行く際のワンポイント
余裕があれば、セキの音や様子をスマホなどのようなもので撮影しておくと、病院で症状が伝えやすくなります。また、診察のときにはセキがでていない場合に、医師の診断に役立ちます。

<急にせきこみ始めた場合>

子どもが元気にしていたのに、急にせきこみ始めた場合などは、異物を飲み込んでいないか疑う必要があります。

特に、ボタン電池などのようなものが疑われると思ったら、子どもに無理に吐き出させようとせず、迷わず病院に行きましょう。


寝る姿勢のポイント

寝るときの姿勢は、セキや息苦しさがある子どものケアの、大事なポイントの1つです。

寝る姿勢は、基本的には子どもが楽な姿勢でよいです。
子どもの呼吸が楽な姿勢としては、仰向けで寝るより、座ったり、抱っこされたりしているほうが、呼吸しやすくなります。
呼吸が楽になるように、子どもの姿勢を調節してあげましょう。

<寝る姿勢の調節の仕方>

背中にクッションなどを置いて、上半身を少し高くし、アゴが上がるようにしてください。
このようにすると、気道が開き、呼吸が楽になります。


部屋の環境づくりのポイント

部屋の環境づくりは、セキや息苦しさがある子どものケアの、大事なポイントの1つです。
セキは、冷たい空気や乾燥、ハウスダストなどでも強く出るようになります。
部屋を暖かくして、加湿器を使ったり、部屋に洗濯物を干したりして、乾燥を防ぎましょう。部屋に適度の湿度があれば、ホコリも抑えられます。

また、子どもが嫌がらなければ、マスクをすると、のどの保湿になります。


水分補給や食事のポイント

子どもは、せきこんで吐いたり、吐いたものを気管に吸い込んだりしてしまうことがあります。セキが止まったタイミングを見計らって、水分や食事を少しずつあたえましょう。

<水分補給>

水分は、一口ずつスプーンで口の中へ入れてあげ、ごくごく飲ませないように気をつけましょう。「とろみ」をつけるなどのようにすると、誤嚥(ごえん)を避けることができます。


緊急を要する場合

以下のような症状が見られる場合は、緊急事態です。救急車を呼びましょう。
・呼吸が苦しくなり、息が吸えない場合
・顔色が悪い場合
・何かがのどに詰まって、声が出ない場合

<もしものときの電話番号>

以下のような場所の電話番号を、家の目のつくところに貼っておきましょう。
イザというときにあわてずに済みます。
・小児救急電話相談 ♯8000(全国共通)
・かかりつけの小児科
・夜間や休日診療が可能な近くの総合病院

子どものケガや病気に備えて、ちょっと覚えておくと安心です。


同じ週に放送された番組記事

まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる