赤ちゃん家族の防災グッズ(1)ママバッグを見直そう

クリップ
クリップ

2021/01/11

出典:まいにちスクスク[放送日]2021/01/11[再放送]2021/01/18

いつどこで起きるのかわからない災害。小さな子どもがいる家族は、どんな準備をしておけばいいのでしょうか。用意しておきたい防災グッズについて考えます。
今回は、ママバッグの中身について考えます。

講師:
国崎信江(危機管理アドバイザー)
赤ちゃんの命と健康を守るためには、荷物を割り切ることが大切です。コンパクトでたくさんの使い道のあるものや、1回で使いきれるものがおすすめです。

移動中や外出先で災害が起きたら何が必要になるのでしょうか。
1歳のお子さんを持つママに、いつも持ち歩いている「ママバッグ」を見せてもらいました。

ベビーフード、液体ミルク、おやつ、おしりふき、着替え、おむつなどが入っています。液体ミルクは災害時にも役立ちますね。

保険証などの通院セットは1つにまとめてポーチに入っていました。一般的なママバッグだと思います。
これらの赤ちゃんグッズに加えて、災害用にあれもこれも持って行くのは大変です。いつものママバッグに、最小限の防災アイテムをプラスしましょう。

おすすめの防災アイテムは、助けを求めるときに鳴らすホイッスル、へッドライト、モバイルバッテリー、バンダナ、携帯トイレ、マスクなどです。
赤ちゃんのことを思うあまり、自分に必要なものを忘れてしまいがちなので、気軽に食べられるゼリー飲料やシリアルバーなどがあると安心です。

災害時には、たくさんの使い方ができるものが役立ちます。100円ショップでも手に入るゴミ袋(黒)は、レジャーシート、雨や寒さの対策になるボンチョ、携帯トイレ、間仕切りの代用にもなります。

これらの防災アイテムをポーチにまとめてママバックに入れておきましょう。重さは500mlペットボトル1本分ぐらいになります。

赤ちゃんに必要なものが入っているママバッグに、最小限の防災アイテムがあれば、外出中に災害にあったときも、家から避難所に避難するときにも、そのまま持っていけるので安心です。
ぜひ、ママバッグの中身を見直してみましょう。


まいにちスクスク
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら

PR

×     閉じる