子どもに楽しく運動を教えるコツ(3)なわとび

クリップ
クリップ

2019/11/06

出典:まいにちスクスク[放送日]2019/11/06[再放送]2019/11/13

子どもには運動好きになってほしいけど、やり方を教えるのが難しいことも。そこで、子どもの遊びや運動の指導法にくわしい桐川敦子さんに、楽しく運動を教えるコツを教えてもらいました。
今回のテーマは「なわとび」です。

講師:桐川敦子(日本女子体育大学 准教授/幼児発達学)
幼児期の運動で大切なことは、多様な動きを経験しておくこと。楽しく無理なくできれば、子どもは継続することができます。

なわとびのポイントは、リズムよくとぶこと、なわを回すこと。この練習になる遊びを紹介します。

リズムよくとぶ

まず、床になわで丸を作り、丸からはみ出さないようにとぶ遊びです。ぴょんぴょんとリズムよくとんでみましょう。
親は、子どもの肩を軽く押して、とぶリズムを付けてあげましょう。

次に、なわを半分から1/4程度に折って、片手で回しながらリズムをとってとんでみます。

なわを回す

なわとびの長さのめやすは、両足でなわの真ん中を踏んだとき、ひじが90度になるくらいです。
※子どもによっては、やや短めのほうがいい場合があります

さっそく「回してとんだらバンザイ」の遊びをしてみましょう。

ポイントは、とんだ後にバンザイをすることで、姿勢が前かがみになりにくく、なわが自然に足元におりてくることです。

続けて何回できるかやってみましょう。

子どもの運動は楽しいのが一番です。親子で楽しくなわとびに挑戦してください。


同じ週に放送された番組記事


まいにちスクスク
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら

PR

×     閉じる