牛乳パックの手作りおもちゃ(3)お風呂で遊べるおもちゃ

クリップ
クリップ

3

2019/02/13

出典:まいにちスクスク[放送日]2019/02/13[再放送]2019/02/20


身近にある材料で、子どもが喜ぶおもちゃが作れたらいいですよね。そんな手作りおもちゃの材料にピッタリなのが「牛乳パック」です。親子で「牛乳パックおもちゃ」を楽しんでみましょう。

善本眞弓講師:
善本眞弓(東京成徳大学 子ども学部 教授)
牛乳パックは、手軽に手に入り、加工しやすく、丈夫で、水にも強いので水を使った遊びにも使えます。親子で一緒に作って遊んでみてください。

今回も、お風呂で遊べるおもちゃを紹介します。

あらかじめ、牛乳パックの下準備をしておきましょう。
牛乳パックをゆすぎ、食器用の洗剤で洗い、しっかり乾かします。
くわしくは「牛乳パックの下準備」をご覧ください。

滑り台

最初に作るのは「滑り台」です。

<作り方>


牛乳パックを、底の部分を1cmほど残して、縦半分に切り分けます。
※赤と青の線で示した部分を切り取ってください


なめらかな滑り台にするために、注ぎ口を切り取ります。

切り分けたほうも、注ぎ口を切り取ります。



画像のように重ねて、粘着テープで固定したら「滑り台」の完成です。

続いて、「滑らせるもの」を作ります。


牛乳パックの底を1cmほど残して切り取ります。
※赤と青の線で示した部分を切り取ってください


好きな絵を描いて形を整えたら完成です。

「滑らせるもの」を「滑り台」に置き、水を流すと滑り出します。

滑り台を長くつなげると、もっと楽しくなりますよ。
※お風呂では、必ず大人と一緒に遊びましょう

くじらの噴水

今度は、「くじらの噴水」を作ります。

牛乳パック、白の粘着テープ、油性ペン、目打ち、ハサミを用意してください。

<作り方>


牛乳パックの注ぎ口を切り取り、1つの面に白の粘着テープを貼ります。
テープは長めに残しておきます。


貼ったテープの部分に、油性ペンでくじらの絵を描き、噴水部分に目打ちで2か所穴をあけます。
※けがをしないように気をつけましょう

裏返して、画像のように折り畳みます。


赤く示した部分で折って、長めに残しておいた粘着テープで固定します。


さらに、粘着テープで補強します。

これで「くじらの噴水」の完成です。


水の中で、折り畳んだ牛乳パックを広げると、穴からパックの中に水が入ります。
その後、牛乳パックをギュッと押すと、穴から水が出てくるんです。
※お風呂では、必ず大人と一緒に遊びましょう

牛乳パックおもちゃで、親子一緒にお風呂タイムを楽しんでくださいね。


同じ週に放送された番組記事


まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる