牛乳パックの手作りおもちゃ(2)お風呂に浮かべて遊べるおもちゃ

クリップ
クリップ

2

2019/02/12

出典:まいにちスクスク[放送日]2019/02/12[再放送]2019/02/19


身近にある材料で、子どもが喜ぶおもちゃが作れたらいいですよね。そんな手作りおもちゃの材料にピッタリなのが「牛乳パック」です。親子で「牛乳パックおもちゃ」を楽しんでみましょう。

善本眞弓講師:
善本眞弓(東京成徳大学 子ども学部 教授)
牛乳パックは、手軽に手に入り、加工しやすく、丈夫で、水にも強いので水を使った遊びにも使えます。親子で一緒に作って遊んでみてください。

今回は、お風呂に浮かべて遊べるおもちゃを紹介します。

あらかじめ、牛乳パックの下準備をしておきましょう。
牛乳パックをゆすぎ、食器用の洗剤で洗い、しっかり乾かします。
くわしくは「牛乳パックの下準備」をご覧ください。

金魚すくい

最初に作るのは「金魚すくい」です。

<作り方>

まず、牛乳パックの2つの側面を切り取ります。


白い面を外側にして、半分に折ります。


金魚すくいの「網」の形(赤く示した部分)をイメージして、切り取ります。



柄の部分を内側に折り込みます。


柄と、柄の付け根を、粘着テープで固定します。


油性ペンで網の模様を描いて、余分な部分を切り取ります。

網の部分に、目打ちなどを使って何か所か穴をあけます。
※けがをしないように注意しましょう

続いて、「金魚」を作ります。


余った牛乳パックに、油性ペンで魚の絵を描き、切り取ります。

これで、お風呂で遊べる「金魚すくい」の完成です。

魚だけではなく、ハート、乗り物、動物など、好きな形を作ってもいいですね。

のぞきメガネ

今度は、水の中が見える「のぞきメガネ」を作ります。

牛乳パック、ラップ、輪ゴム2本、ハサミ、粘着テープ、油性ペンを用意してください。

<作り方>


牛乳パックの1辺を切って、底を切り落として開きます。



半分に折って、約3分の2の長さ(赤く示した部分)で切り取ります。



両端を内側に折り畳み、四角柱になるように粘着テープでしっかり固定します。

ラップを張り、2本の輪ゴムで固定します。
できるだけしわのないように、ピンと張りましょう。


余分なラップを切り取り、粘着テープでラップを固定します。

形を整えて、好きな絵を描いたら完成です。


「のぞきメガネ」でのぞいてみると、水の中がハッキリと見えるんです。
※お風呂では、必ず大人と一緒に遊びましょう。

牛乳パックおもちゃで、親子一緒にお風呂タイムを楽しんでくださいね。


同じ週に放送された番組記事


まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる