冬のおしゃれなリメ-クこども服(2)セーターで作るワンピース

クリップ
クリップ

2

2019/01/22

出典:まいにちスクスク[放送日]2019/01/22[再放送]2019/01/29


パパやママが着なくなった服をリメークして、おしゃれな「こども服」を作ってみましょう。縫うところが少なく、とても簡単な作り方を紹介します。

清松加奈子講師:
清松加奈子(デザイナー)
型紙やミシンの必要がなく、縫うところが少ないこども服を考えてみました。おしゃれな仕上がりになるポイントもご紹介します。

今回は、セーターで作るワンピースです。

材料

用意するのは、大人ものの着なくなったセーター(タートルネック)と、飾り用のポンポンです。


作り方


セーターを半分に折り、子どもが着ているTシャツを重ねて、袖の位置を決めます。マスキングテープで印を付けましょう。


マスキングテープに沿って、袖を切り取ります。


切った部分がほつれないように、黄色で示した部分を返し縫いします。
3つ折りにする必要はありません。
※縫い目がわかるように黄色い糸を使用しています


粘着クリーナーで糸くずを取っておきましょう。
縁の処理はこれだけで大丈夫です。

<飾り付ける>

続いて、ポンポンで飾り付けます。


セーターの裏側から針を貫通させて、何度か往復して縫い付けます。

これで、ワンピースのできあがりです。
着なくなったセーターが、大人っぽいワンピースに変身します。

かなこ先生のワンポイントテクニック!



飾りのポンポンをリボンに変えると印象が変わります。試してみてください。

あったかパンツの作り方

セーターから「あったかパンツ」を作ることもできます。

セーターを赤く示した部分で切り取ります。

股下部分を縫い合わせます。
切り取って余った部分は、U字に縫い付けてポケットにします。

<ウエストを作る>

ウエストのゴムを通す部分は、バイアステープを使います。

パンツの表側にバイアステープを置いて開きます。

縫い始めの端を手前に折り、なみ縫いします。



縫い終わったら、バイアステープを裏側に折り込み、筒状にします。

赤く示した部分を、折り目に沿って縫いましょう。

これで端の処理ができました。

次に、バイアステープのすき間から平ゴムを入れていきます。

平ゴムは、子どもが着ているサイズのズボンを基準にして、指2本分長いものを用意します。
指2本分がゴムの縫いしろになります。

平ゴムに安全ピンを付けて、バイアステープに通します。

通したら、指2本分ゴムを重ねて縫いとめます。

これで、あったかパンツのできあがりです。


リメークは発想の転換です。毛糸のようにセーターも材料として考えると、簡単に洋服を作ることができます。
ぜひ、作ってみてください。


同じ週に放送された番組記事


まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら


PR

×     閉じる