【献立4の離乳食アレンジ】牛肉とたまねぎの卵とじ丼 ほか PR

クリップ
クリップ

こちらの記事では、「牛肉とたまねぎの卵とじ丼」などをつくりながら離乳食用に取り分けた材料を使った離乳食のレシピを紹介します。お子さまの発育に合わせて、以下の4つの段階それぞれのアレンジレシピがありますので参考にしてくださいね♪

●生後5〜6か月ごろ:なめらかにすりつぶした状態
●生後7〜8か月ごろ:舌でつぶせる固さ
●生後9〜11か月ごろ:歯ぐきでつぶせる固さ
●生後12〜18か月ごろ:歯ぐきでかめる固さ

※おかゆの固さの目安はページの最下部で、画像つきで紹介中!ぜひ参考にしてください♪

onigiri_line10

1. 生後5〜6か月ごろのお子さま向けアレンジ

kodomo_1

※赤ちゃんの機嫌を見ながら、おかゆは1日1回1さじずつ始めましょう。

◆かゆ(なめらかにすりつぶした状態)大さじ1を目安に
(材料)5倍がゆ大さじ1、湯大さじ1
(つくり方)5倍がゆに湯を加えて、なめらかになるまですりつぶす。

◆かぼちゃと高野豆腐のとろとろ
(材料)かぼちゃ5~10g、すりおろした高野豆腐少々~小さじ1/2、湯小さじ1~2
(つくり方)火が通って取り分けておいたかぼちゃの黄色い部分を、すり鉢でなめらかにすりつぶす。高野豆腐と湯を加えてよく混ぜ、600Wの電子レンジで20秒程加熱する。食べる前に十分に冷ます。

2. 生後7〜8か月ごろのお子さま向けアレンジ

kodomo_2

※子どもの食欲や発育状況に応じて食事量は調節してください。

◆かゆ(舌でつぶせる固さ) 50〜80gを目安に
(材料)5倍がゆ大さじ2、湯大さじ1
(つくり方)5倍がゆを粗つぶしにし、湯を加え全体をよく混ぜる。

◆大根のやわらか煮
(材料)大根10g
(つくり方)みそで味をつける前に取り分けておいた大根を、すり鉢で粗つぶしにする。

◆かぼちゃのミルクスープ煮(パルメザンチーズ味)
(材料)かぼちゃ5~10g、牛乳大さじ2~3、湯適量、パルメザンチーズ少々
(つくり方)火が通って取り分けておいたかぼちゃの黄色い部分を、すり鉢でなめらかにすりつぶす。牛乳を加えよく混ぜ、湯で飲みやすい状態になるまで薄める。600Wの電子レンジで30秒程加熱し、冷ましてごく少量のパルメザンチーズを加えて混ぜ合わせる。

3. 生後9〜11か月ごろのお子さま向けアレンジ

kodomo_3

※子どもの食欲や発育状況に応じて食事量は調節してください。

◆かゆ(歯ぐきでつぶせる固さ)90g、または軟飯80gを目安に
かゆ、または「米1:水3〜2」の割合で炊いた軟飯を準備する。

◆牛肉の卵とじ
(材料)たまねぎ10g、牛肉5g、だし汁適量、溶き卵大さじ1/2
(つくり方)取り分けておいたたまねぎと牛肉を食べやすく刻む。耐熱の器に入れ、だし汁と溶き卵を加えて混ぜ合わせたら、600Wの電子レンジで20~30秒程加熱し、卵にしっかり火を通す。取り出した直後は、卵が固まっているので、食べやすい状態になるまでほぐす。

◆手づかみかぼちゃ
(材料)かぼちゃ10g
(つくり方)火が通って取り分けておいたかぼちゃの黄色い部分を、食べやすい大きさに切る。

◆大根のすまし汁
(材料)大根10g、だし汁適量
(つくり方)柔らかくなるまで煮て取り分けておいた大根を、食べやすくフォークなどでつぶし、だし汁と合わせる。

4. 生後12〜18か月ごろのお子さま向けアレンジ

kodomo_4

※子どもの食欲や発育状況に応じて食事量は調節してください。

◆軟飯(歯ぐきでかめる固さ)90g、またはごはん80gを目安に
「米1:水3〜2」の割合で炊いた軟飯、または大人と同じごはんを準備する。

◆牛肉の卵とじ
(材料)たまねぎ10g、牛肉10g、だし汁適量、溶き卵大さじ1
(つくり方)取り分けておいたたまねぎと牛肉を食べやすく切る。耐熱の器に入れ、だし汁と溶き卵を加えて混ぜ合わせたら、600Wの電子レンジで30~45秒程加熱し、卵にしっかり火を通す。取り出した直後は、卵が固まっているので、食べやすい状態になるまでほぐしたら、軟飯またはごはんにかける。

◆手づかみかぼちゃ
(材料)かぼちゃ10~15g
(つくり方)火が通って取り分けておいたかぼちゃの黄色い部分を、食べやすい大きさに切る。

◆大根と大根の葉のみそ汁(薄めたもの)
(材料)大根10~15g、大根の葉少量、みそ汁大さじ2、湯大さじ2~3
(つくり方)柔らかくなるまで煮て取り分けておいた大根を、食べやすくフォークなどでつぶしたら、大根の葉、みそ汁、湯を加える。

onigiri_line10

おかゆの固さの目安
生後5〜6か月ごろになり、離乳食を始めるときは、「つぶしがゆ」からはじめましょう。慣れてきたら「粗つぶしがゆ」「つぶさないままのかゆ」に進め、「軟飯」へと移行していきます。

●生後5〜6か月ごろ:なめらかにすりつぶした状態
●生後7〜8か月ごろ:舌でつぶせる固さ
●生後9〜11か月ごろ:歯ぐきでつぶせる固さ
●生後12〜18か月ごろ:歯ぐきでかめる固さ

米と水の分量は以下を参考にしてください。

Kayu_waterlevel

一度に炊くときは、「米1:水5」の5倍がゆ(全がゆ)を炊いて小分けにして冷凍しておくと便利♪
食べる前に解凍したら、沸騰させた湯を食べやすい温度に冷まし、おかゆに加えてお好みの固さに調整します。
※冷凍したものは、10日〜2週間程度を目安になるべく早く食べきるようにしましょう。

onigiri_line10

<大人向けのレシピに戻る>
<献立一覧へ戻る>

▼お米のレシピをもっと見るなら「お米を使った料理・朝ごはんネット」

Banner_footer3

×     閉じる