妊娠中に赤ちゃんの性別を質問した?出産予定日より早かった or 遅かった?〜 2,616人が回答した出産についてのアンケートより〜

クリップ
クリップ

2017/04/28

妊娠中の女性

すくコムで「出産についてのアンケート」を実施したところ、2,616人の方から回答を頂きました。(対象者:0~6歳のお子さんがいる母親)お産にまつわる多種多様なエピソードもたくさん寄せて頂き、読み応えたっぷりのアンケート結果となりました。

今回は、赤ちゃんの性別、出産予定日、出産した病院、里帰り出産についての回答をまとめてご紹介します。


Q.妊娠中の健診で、赤ちゃんの性別について質問して聞きましたか?

 
性別について質問していた方(78%)と、質問していなかったが聞かされたという方(18%)を合わせると、実に96%の方が生まれる前から、赤ちゃんの性別を知らされていたという結果になりました。
 
グラフ:妊娠中の健診で、赤ちゃんの性別について質問して聞いたか

ほんとは性別を聞きたくて、健診にパパが付き添ってくれた日に聞くつもりだったが、パパが付き添ってくれる日に限ってエコーにおしりを向けて、「見えないから次回ね」と言われた。
 
3回続けて同じことがおきたので、パパに教えたくないのかなと感じ、以降生まれてからのお楽しみにすることにした。

 

初めは女の子を希望していたのですが、妊娠時に男の子とわかり、プチショック。そのことを周りの人に話すと、「大丈夫、男の子は永遠の恋人だから!」と励まされました。
 
いざ生まれてみると、まぁかわいい♪かわいくて仕方がない!将来結婚なんてしなくてもいいと思えるくらいです。
あの時、ショックを受けてごめんね、と心の中で謝りました。

 


Q.聞いていた性別と実際は合っていましたか?

 
98%の方が、「聞いていた性別と、生まれた赤ちゃんの性別が合っていた」と回答。胎児エコー検査の進歩はめざましく、ここ数年で解像度もぐんと上がっているのだとか。性別の的中率の高さも頷ける結果になりました。だからこそ「違っていた」という方からは、「本当に驚いた」というエピソードが!
 
グラフ:聞いていた性別と実際は合っていたか

検診時に何人かの先生に見て頂き、全ての先生に女の子だね!と明言されていたのですが、出てきた子どもを看護師さんが「元気な男の子ですよー」と見せてくれて開いた口が塞がらなくなりました。
 
性別の希望は無かったのですが、洋服から名前候補まで全て女の子で準備していたので我が子と対面して1番最初に出た言葉は「やっと会えたね」ではなく「本当についてますか……?」でした(笑)
今でも思い出して笑える楽しいサプライズ付きの初産でした。

 

ずっと女の子だと言われていました。緊急帝王切開で子どもが出された時に、担当のお医者さんの第一声が「かわいいのが付いてる!お母さん!かわいいのがついてましたぁぁぁぁぁ!」と1人で騒いでて、元気に産まれてくれたと嬉し泣きしてるのに笑ってしまいました(笑)

 


Q.出産した病院・産院はどれにあたりますか?

 
大多数の方が、個人病院か、総合病院で出産をされていると言うことが分かりました。出産時のお母さんや赤ちゃんの状態により、検診時に通っていた個人病院から総合病院に搬送されたり、転院して生んだという体験談も寄せられています。
 
グラフ:出産した病院・産院はどれにあたるか

初めての出産ということと、手術の恐怖と色々重なってかなり緊張していましたが、個人病院ということもありアットホームな雰囲気の中で手術ができました。

 

総合病院での出産でした。ちょうど産婦人科に研修に来ていた学生達がいて、「出産の様子を見学してもいいですか?」との事で、どうぞどうぞ!と快諾し、大変人の多い中での出産でした(笑)

 

助産院だったので分娩自体はフリースタイルで、痛みが和らいだり、いきんだりしやすい体勢をとることができ、スムーズに出産できた。
助産院のため、顔馴染みの助産師さんばかりなので、緊張することなく分娩に挑めた。

 

私は実家で自宅出産しました。初の出産なので「とにかく信頼できるとこがいい、でも信頼できるって一体なんだろう」と考えていたところ、知人から自宅で出産した話を聞きました。「そうだ!実家が一番安心出来る」と思い、助産師さんを紹介してもらいました。
 
産院みたいにお祝い膳はないけど自宅出産はとても楽しかったです。赤ちゃんがこの世にやってくる初めての場所が実家って面白いし。昔はみんな自宅出産だったし。

 

1人目は個人病院から臨月に入ってから助産院に移って気持ちが滅入りながらも無事出産でき、2人目は最初から助産院で落ち着いて出産でき、3人目も助産院で出産希望だったのに、最後の最後で胎盤が剥がれてしまい、救急車で搬送されて総合病院で緊急帝王切開で出産しました。
 
誰1人として同じように産まれた子はいないので、それぞれが思い出のエピソードになっています。

 


出産予定日と比べて、早かった?遅かった?予定日通りは何%?

Q.出産予定日と比べて、実際の出産はどうでしたか?

 
出産予定日ぴったりに生まれたという方は意外に少なく、8%。早く生まれた方が、遅く生まれた方よりもやや多いという結果に。なぜ予定日より早く生まれたか/遅く生まれたか、のちのち子どもの性格を知って納得!?なんていう面白いエピソードも寄せられていました!みなさんのお子さんはどうですか?
 
グラフ:出産予定日と比べて、実際の出産はどうだったか

高血圧症で予定日から丸1ヶ月はやい早産でした。予定帝王切開の3日前に、予想体重がなんとか2,800gに到達したので出産が決まりましたが、いざでてきたら体重3,006g!
 
手術中に先生と「3,000gこえてるよ!すごい!」「えー!?」と笑い合いました。早産のためNICUに入りましたが、今では同じ月齢の子の中でも大きい方です。笑

 

上の子の時は初産だから予定日より遅れるかと思ったら予定日通りに産まれ、その後は手もかからず性格も真面目。
2人目出産の時は予定日より早まると思ってたのに1週間遅れても産まれない、入院して促進剤を飲んでも効かずに翌日仕切り直そうと家族も家に帰された直後に陣痛が来てそれから2時間かからずあっという間に産まれました。その後は手もかかったり性格は超マイペースな自由人。。お腹の中にいた時から性格が出てるのか。。。と、面白いなぁと思いました。

 

予定日よりも9日遅れでの出産でした。
予定日を過ぎて、「何の音沙汰もないねー」なんて言っていたある晩、夢を見ました。私がお腹に向かって「みんな待ってるから出ておいで」って言ってるんだけど、中の人からは「もうちょっと待ってて」って言う返事が。
 
この4月から幼稚園に入園する娘ですが、相変わらずマイペースです。「ちょっと待って」が口癖です。

 


Q.出産のために里帰りされましたか?

 
里帰りをした方と、しなかった方の割合はちょうど半々に分かれました。どちらのチョイスをした方からも、良かったことと困ったことが挙げられていたのが印象的でした。遠方への里帰りをされていて旦那さんの立ち会い出産を希望していた方からは、「間に合った」「間に合わなかった」と悲喜こもごものエピソードが。
 
グラフ:出産のために里帰りしたか

遠方での里帰りだったので、主人の立ち会いがギリギリでした。陣痛の連絡してから電車と新幹線乗り継いで約5時間、出産15分前に病院に到着しました。
 
出産時は助産師実習生が診てくれたのですが「旦那さんが間に合った…!間に合った!」と言って実習生さんが泣いていました。

 

主人の転勤の為、友達もほとんどいない土地でお互いの両親も遠方に。でも主人がいない出産と育児は考えられなかったので里帰りはしないと決めて臨んだ出産でした。
 
自分達で決めた事とはいえ、いつくるかわからない陣痛や破水を昼間ひとりで過ごして待つ日々は心細く、出産の為の管理入院が決まった時は正直ホッとしました。

 

1月中旬出産予定の里帰り、大晦日から正月にかけ夫と母が酔いつぶれ、身重の自分が介抱してトイレに誘導したり布団を敷いたりなどしたこと。
「今わたしが破水したり陣痛きたりしたらどうするんだ?!」と呆れながらの介抱だったのでよく覚えています(^-^;)

 
医学のめざましい発達がある一方で、妊娠出産は本当に十人十色。赤ちゃんの性別や生まれる日など、「絶対」なんてないのだなぁということを改めて感じさせられるアンケート結果となりました。

ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。


▼こちらの記事もぜひお役立てください。

妊娠中の素朴なギモン ―はじめてのつわりから二人目妊娠まで―


*いとうまゆさん 特別インタビュー* 思いがけない早産でママになって1ヶ月 ただいま、おっぱいに苦戦中!

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる