子育てアイデア傑作選~魔法のことば編~

クリップ
クリップ

1

2014/12/17

出典:まいにちスクスク[放送日]2014/12/17[再放送]2014/12/24


子育てアイデア傑作選~魔法のことば編~

「寝ない」「トイレに行かない」「して欲しいことをしてくれない」など、子どもがなかなか言うことを聞いてくれないときに、子どものやる気を引き出す「魔法のことば」を紹介します。


1288

2013年に放送した「すくすくアイデア大賞」の中から、ぜひ試してほしいアイデアを厳選してご紹介!今回は、「魔法のことば編」です。

一番ねんね!! (大分県 池田斉さん)

【こんなアイデア】

布団に入って「一番ねんね!!」と声をかけ、寝たふりをしてそのまま静かにします。子どもも負けじと眠る体勢に入り、そのままス~と寝てくれます。

maiskimg0716-1-1

【アイデアのきっかけ】

夜、娘が布団で飛び跳ねたり歌ったりしてなかなか寝ないとき、「一番ねんね!!」と言って寝たふりをしたら、娘も「一番ねんね!!」と言って布団に入ってくれたので。

実験してみる? (大分県 薬師寺知佳さん)

【こんなアイデア】

トイレなど、子どもの気が進まないことをさせるとき、「実験してみる?」と聞くと「うん♪」と喜んでやってくれます。例えば、おしっこをいつも我慢している様子だったので、「おしっこ出るか、実験してみる?」と聞いたら楽しそうにトイレに行ってくれるようになりました。

maiskimg0716-2-1

maiskimg0716-2-2

【アイデアのきっかけ】

お風呂で水を容器に移したり量を比べるたりすることを「実験」と呼んで遊んでいたのを思い出して言ってみました。

おうち de インタビュー (長野県 草野義和さん)

【こんなアイデア】

「トイレに行きたくない」「お風呂に入りたくない」など、イヤイヤが始まったときにインタビュー風に声かけをするとやる気が出るようです。
「トイレ行けるお友だち~!手をあげてくださ~い!ではお名前を教えてください」などの質問をして子どもが元気よく答えたあとに、「はい、では頑張ってください!」で締めくくると自発的にやってくれます。

1288

【アイデアのきっかけ】

子ども向けのテレビ番組で会場の子どもにインタビューをしているシーンを見て思いつきました。


同じ週に放送された番組記事

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる