虫歯にならない、おやつの選び方は?

クリップ
クリップ

1

2017/03/18

出典:すくすく子育て[放送日]2017/03/18[再放送]2017/03/24

お菓子を食べるようになり、甘いものを食べたあとは歯磨きをしないといけないと思いますが、まだ歯磨きが嫌なようで、きちんと磨けず虫歯にならないか心配です。砂糖を使っていないようなお菓子など、虫歯になりにくいおやつの選び方やポイントはありますか?
(1歳9か月の女の子をもつママより)

危険度を踏まえて、おやつの時間と量をきちんとコントロール

太田 百合子さん回答:太田 百合子さん

この図は、おやつを虫歯の危険度で分類したものです。
 


虫歯の危険度が高いおやつは、あめやキャラメルなど歯にくっつきやすいもので注意が必要です。
逆に、おせんべいやポテトチップスは歯につきにくく虫歯予防の点ではオススメです。

ただし、おせんべいやポテトチップスはお米からできていたり脂が多かったり、太りやすく肥満の心配がでてきます。
 


結局は何がいいというものはなく、大人がきちんと時間を決めて食べる量と時間をコントロールしてあげることが大切です。

こちらの記事も併せてご覧ください。

おやつの悩み
すくすく子育て 「おやつの悩み」



山根良顕のパパ修業
【山根良顕のパパ修業】手遊び歌のポイント

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる