マスキングテープで壁にクリスマスのデコレーションをしてみた【子育てアイデアやってみた編】

クリップ
クリップ

1

1年の終わりの恒例イベント、NHK Eテレ「すくすく子育て」で放送される『すくすくアイデア大賞』。

みなさんのアイデアを見ては毎年「ふむー、なるほどー」と感心しっぱなしのすくコム編集部・よこやま。自分も何か試してみたいと思い立ち、同賞2015年「あそび部門」で受賞されたママの応募アイデアから、『マスキングテープで壁アート』に挑戦してみました。


下絵を決めてマスキングテープを準備

まず、どんな絵にするか考えます。今回はクリスマスシーズンなので、クリスマスツリーと「MERRY CHRISTMAS」の文字。それから、娘が好きなので、キノコとリスも入れることに。

写真や絵本などを見ながら、ざっと下絵を描きます。文字はパソコンで好きな書体を選んで印刷しました。

マステで壁アート

用意したマスキングテープはご覧のとおり。

マステで壁アート


いざ壁に!修正が簡単なのでガンガン貼れてきもちいい

下絵ができたらさっそく壁に貼ります。

クリスマスツリーはグリーンのマスキングテープを適当な長さに手で切りながら、こんな形を1つのかたまりとして、繰り返し貼っていきます。

マステで壁アート

上の形をいくつも貼り続けると、なんだかクリスマスツリーっぽくなります。

マステで壁アート

貼りながら全体を見て、貼るorはがすなど形を整えていきます。できあがったら、飾りを上から貼ればできあがりです。

文字はこんなふうに輪郭線を描いて、違う色のマスキングテープで中を塗りつぶします。やってみると想像以上に手間がかかったので、ふつうに文字を書くようなスタイルでもよいかと思います。

マステで壁アート

テープをビーッとタテに割くと、細いテープになります。ところどころで細テープを使うと、絵にメリハリが出るのでおすすめです。

マステで壁アート

貼っていく中で発見したのですが、わざと斜めにざっくりテープを切ると、断面を生かして星が作れます。

マステで壁アート


完成!!子どもの反応は・・・?!

下絵と壁とにらめっこしながら貼り続けること2時間半。完成したマスキングテープ壁アート@クリスマスバージョンがこちら。

マステで壁アート

近くで見るとかなりいびつですが、壁に大きく描いているため、パッと見たところ細かい部分は気になりません。むしろ、ちょっといびつなくらいが味があっていいですよね(と、自分に言い聞かせてみました)。

ん? リス? モグラ?・・・細かいことは気にしません。

マステで壁アート

今回マスキングテープ壁アートをやってみて気づいたポイントを参考までに並べてみると

・テープは明暗さまざま、トーンの異なるものを用意すべし
※そのほうが遠くから見たときに絵に奥行きが出ます
・テープを手で粗く切ると絵があたたかいタッチになる
・簡単に直せるので、あまり考えすぎずにガンガン貼っていくと早い

ちなみに今回は子どもが学校に行っているあいだに、内緒で決行しました。帰宅した娘はしばし呆然。

マステで壁アート

「え? え? す、すごい!!!」

いいリアクションです(笑)。「目がはじけるくらいびっくりした」とのことでした。

子どもの好きなものを、自由にのびのび大きく描けるマスキングテープ壁アート。しばらくハマりそうな予感です。次のイベントは娘の誕生日、何描こうかな〜

※マスキングテープを壁に貼る際には、壁の素材やマスキングテープの種類によっては、使用できない場合もございます。長期間貼らないように注意したり、試し貼りをしてみるなど、ご自身でのご確認をお願いいたします。


使える子育てアイデアが盛りだくさん!
育児の悩みや困りごとを解決するオリジナルアイデアをチェックしましょう。
特集「すくすくアイデア大賞」
特集「すくすくアイデア大賞」はこちら

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる