クセ毛、絡まり、頭皮のにおい・・・子どもの髪の悩みにママ美容師が丸ごとお答えします!【PR】 PR

クリップ
クリップ

1

2016/12/09

花王記事用

子どもの髪の毛は、手入れしなくても悩み知らず・・・? いえいえ、そんなことはありません。すくコムで実施した「子どもの髪に関するアンケート」では、お子さんの髪の毛にまつわるたくさんの悩みがママやパパから寄せられました。今回は、そんな子どものヘアケアのギモンにママ美容師がお答えします。

【教えてくれた人】諏訪未来さん
チョッキンズ諏訪さん
男の子を出産し、育休から復帰したばかりのママさん美容師。諏訪さんが勤める『チョッキンズ』は首座り後の赤ちゃんから小学生までを対象とした子ども専門美容室で、所属する美容師の4割がママ! 子どもの個性や気持ちに寄り添ったすてきなヘアスタイルを作ってくれます。
『こども専門美容室チョッキンズ』http://www.chokkins.com/salon/

【髪質の悩み】

やわらかくて絡まるので、クシが通りません。

まずは手グシで毛先から。毎日とかすことが大切です。

髪質が軟毛であったり、生まれてから一度もハサミを入れていないと、髪が絡まりやすく巣のようになりがちです。クシが通らないからといってとかさないでいると、ますますクシが通らなくなります。目の粗いクシ(最初は手グシがおすすめ)で、まずは毛先から、毎日マメにとかすことを心がけてください。とかす際に毛根が引っぱられると痛いので、毛の根元を持って固定しながらとかしてあげるといいですよ。

硬い直毛で、寝グセがなかなか直りません。

霧吹きや蒸しタオルを使って、毛穴を濡らすイメージで。

毛先ではなく、毛の根元、毛穴を濡らすようなイメージで湿らせて乾かすとスムーズに直せます。また、夜に半乾きで寝てしまうと寝グセになりやすいので、眠る前に根元までしっかりと乾かすように心がけてみてください。

強いクセ毛。髪質が変わることはありますか?

成長期に変化する場合も。結びグセには注意!

乳幼児期に髪がなかなか生え揃わないことを心配されるママやパパもいらっしゃいますが、どんなに薄くても小学校入学くらいまでには生え揃いますのでご安心ください。その後、成長期を迎えると、ホルモンバランスの変化によって髪質が変わることがあります。
髪質はもって生まれたすてきな個性ですので、ぜひ仲良くつき合っていく気持ちでいたいですね。ただ、クセには「結びグセ」や「分けグセ」など外的要因によるものもあります。とくに、まだ毛穴の形が完成しない乳幼児期のうちに、毎日同じ部分をきつく結び続けるようなことは避けたほうがよいでしょう。ゴムで結ぶと髪が引っぱられて毛穴を変形させる要因になりますので、シュシュ、ピン、ヘアバンドなど緩やかに髪をまとめられるアイテムを上手に取り入れてみてください。
【ヘアケアの悩み】

よく洗っていても、頭がにおいます。

原因に合わせたケア&泡でしっかり洗うことを心がけましょう。

汗、皮脂、頭の蒸れ、生乾き、シャンプー剤の洗い残しなど、においの原因はさまざま。汗や蒸れでにおうならマメに拭いて風にあてる、皮脂でベタついてにおうならシャンプーを変えるなど、原因に合わせてケアします。
髪を洗うコツは、毛穴にシャンプー液をそのままつけないこと。手のひらで泡立ててから髪にのせ、毛穴までしっかり行き届くように洗います。お子さんが自分で洗うなら泡で出てくるタイプのものがおすすめです。そして、根元=地肌だけでも必ずドライヤーできちんと乾かす習慣をつけましょう。

冬は頭皮がカサカサでフケみたいなものが出ます。

洗いすぎ、洗い残し、両方に注意しましょう。

大人の行動範囲に比べると、子どもが日常生活のなかで外的な油にさらされることはさほどなく、頭の汚れのほとんどは汗によるものです。シャンプーの洗浄力は弱めでじゅうぶんですし、あまり汗をかかない季節であれば念入りに洗う必要はありません。乾燥が気になる場合は、トリートメントやヘアミルクを、毛先につけてあげるとまとまりがよくなります。ママが自分の髪にトリートメントをつけるときに、手に残った分をつけてあげる程度でも大丈夫です。

子どもがきれいな髪でいるための秘訣は?

日ごろから髪に触れてあげて伸ばしっぱなしは×です。

ヘアケア=いやなものにならないために、ママやパパが日ごろから、毛流れに沿ってやさしく髪を触ってあげることが、実はとても効果的なのではと思っています。赤ちゃんは授乳中などに頭をやさしくなでてあげるだけでもいいですね。また、髪の毛は伸ばしっぱなしにせず、>最低でも半年に1回はハサミを入れて整えることをおすすめします。そうすることで、手入れしやすいきれいな髪を保つことができます。「こうしたい!」とムリに矯正するのではなく、髪質や生えグセなどの個性を生かして、その子がその時にしかできない髪型をぜひ楽しんでください。

冬の乾燥対策には
『メリットさらさらヘアミルク』

ヘアミルク
●からまりやすいお子さまの細い髪も、クシどおりさらさらするん。
●パサつきが気になるママの髪にも。親子で使えるトリートメント。

トリートメント(洗い流すタイプ)180g
オープン価格【商品の詳細は こちら

ひとりでシャンプーチャレンジするなら
『メリット 泡で出てくるシャンプーキッズ』

メリット 泡で出てくるシャンプーキッズmeritimage3
●髪と地肌とおなじ弱酸性 ●ナチュラルフローラルのやさしい香り
●すっきり洗えるノンシリコーン処方 ●お子さまでもラクに押せるポンプ

ポンプ300ml、つめかえ用240ml、ともにオープン価格【商品の詳細は こちら


こちらの記事も合わせてご覧くださいね♪

▼7割が子ども用シャンプーを使い、3割がリンスもする!アンケートで聞いた「子どものヘアケアどうしてる?」【PR】
haircare_thum-150x96

▼スマホであそべる♪おえかきゲーム あわわデコアートはこちら【PR】

awadeco_thumb01-150x96

▼ぬりえや、まちがいさがしなど、楽しいコンテンツがいっぱい!【PR】
図1

*この記事は、花王株式会社のスポンサードにより作成・掲載されています。

×     閉じる