スマホで撮ろう 子育て動画「とっておき!撮影のアイデア」

クリップ
クリップ

3

2018/03/15

出典:まいにちスクスク[放送日]2018/03/15[再放送]2018/03/22


とっておき!撮影のアイデア

「自撮り棒を使って周りの景色と一緒に自撮り」
「さりげない日常を撮る」


スマホで撮ろう 子育て動画「とっておき!撮影のアイデア」

講師:川井 拓也(映像ディレクター)
子どもの声やさまざまな表情は、動画でしか残すことができない大切な宝物ですよね。
高画質の動画が撮れるスマートフォンで子育て動画を楽しみましょう。スマートフォンでよりよい動画を撮るためのコツをご紹介します。

自撮り棒を使って周りの景色と一緒に自撮りする

子どもを抱きかかえながら、360度周りの景色を映すように撮影してください。
旅先などで撮る場合は、建物の説明やコメントも入れるとおもしろいですよ。
また、いつも遊ぶ公園でも、このように撮影するだけで、新鮮なビデオ日記になります。
※周りに注意して撮影してください。

<撮影した動画>

さりげない日常を撮る

子どもの走るうしろ姿を撮ってみましょう。
カメラを子どもの目線に合わせて持ち、子どもと一緒に走りながら撮影します。
さりげない日常の風景も、少し視点を変えて動画で残すと思い出深いものになります。
また、撮影するときは、子どもから見た町の様子も一緒に撮ることがオススメです。
年に1回、同じ道を撮っておくと、町の移り変わりと、子どもの成長記録を一緒に残せるため、印象深い動画になります。

<撮影した動画>

※スマートフォンを持つときは、下の写真のように上下から握って、子どもの頭の目線までカメラを下げて持つと撮影しやすくなります。

ワンポイントアドバイス

動画を外で撮るときは、車やポスターなどが映りこむようにしてみてください。
そのときの時代や世相も記録できるため、子どもが成長してから動画を見ると、とてもおもしろい印象的な映像になります。
親子で過ごした時間や場所を思い起こさせてくれるような、親子で思い入れのあるシンボリックなものと撮影すると、より思い出深い動画になります。


同じ週に放送された番組記事


まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる