夏のおしゃれなリメークこども服(4)子どものシャツで作る「トップス」

クリップ
クリップ

2021/07/01

出典:まいにちスクスク[放送日]2021/07/01[再放送]2021/07/08

パパ・ママの着なくなった服や、子どもが大きくなってサイズが合わなくなった服など、家に眠っている物をおしゃれに大変身! お気に入りのアイテムをリメークして、子どもの服に生まれ変わらせてみましょう。
今回は、子どもが着なくなったシャツで「トップス」を作ります。

講師:
清松加奈子(デザイナー)
リメークなので、一から服を作るより、縫うところが少なく簡単です。型紙やミシンがなくてもできます。楽しみながら、やってみましょう。

トップスの作り方

材料

材料は、子どもが大きくなってサイズが合わなくなったTシャツ2枚。

作り方

まず、トップスの外側にする部分を、マスキングテープで襟ぐりからV字に印をつけます。

内側になる部分は、肩からまっすぐ印をつけます。

それぞれ切り取って並べると、このような形になります。

仮止めして、このままぐるっと縫い付けていきます。

縫い始めと縫い終わりは返し縫いで、あとは並縫いで大丈夫です。

縫い代が出るデザインにしてみました。
反対側も同じように縫いましょう。

これで完成です。

サイドがゆったりして、かっこいいデザインのトップスになりました。

ワンポイントテクニック

組み合わせるアイテムを変えると、また違った印象になります。

Tシャツとシャツの組み合わせ

Tシャツとシャツの組み合わせだと、

カチッとした印象になります。

Tシャツの組み合わせでワンピース

Tシャツ(2枚)で、ワンピースも作れます。

片方は袖の下で切り取り、もう片方は両袖を切り取ります。

合わせると、このような形になります。

赤い服を白い服に入れて、少し赤い服が出るように整えます。

重なった部分をぐるっと縫います。
※画像では、縫い目がわかるように黄色の糸を使用しています

これで、ノースリーブワンピースの完成です。

袖は切りっぱなしで大丈夫です。

小物にリメーク

子どもが着なくなった服で、小物を作ることもできます。

上下の部分と、袖ぐりを切り取り、上下の端のボタンを取ります。

裏返して、下と袖の部分(赤い点線)を縫います。
上の部分は、ヒモが通るように縫います。

裏返すと、このような形になります。

ポケットの部分にリボンテープを挟み、縫い付けます。指1本分、出るようにしましょう。

ヒモを互い違いに通していきます。

安全ピンを使うと、簡単にヒモを通せます。

ヒモを、ポケットの部分に付けたリボンテープに通して、結びます。

ポケットを生かした、すてきなバッグができました。


「こんな子ども服があったらいいのに」と思ったら、ママやパパの服や、着られなくなった服で作れるかもしれません。
ぜひ、チャレンジしてみてください。


まいにちスクスク
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら

PR

×     閉じる