冬の感染症 ホームケア

クリップ
クリップ

2018/12/08

出典:すくすく子育て[放送日]2018/12/08[再放送]2018/12/15

かぜやインフルエンザ、胃腸炎など、冬は感染症が多くなる季節です。感染症にかかってから気をつけること、薬の飲み方、家族が胃腸炎になったときの処理のしかたなど、感染症のホームケアについてお伝えします。

専門家:
草川功(聖路加国際病院 小児科 医長/小児科医)
日沼千尋(東京女子医科大学 看護学部長/小児看護学)

感染症にかかったとき、どうお世話すればいいの?

子どもが薬を飲まないとき、どうすればいいの?

家族内での感染を防ぐにはどうすればいいの?


すくすくポイント

感染性胃腸炎 広げないための汚物処理法


感染症のケアについてパパ・ママへのメッセージ

草川功さん感染症についての正しい情報を知って、少しでも予防しましょう。もし感染症になっても重症化しないように、対応の準備をしておくことも大切です。
(草川功さん)
日沼千尋さんパパが感染源になることも多いので、帰宅したら手洗いをするなど、家庭内で広げないように注意しましょう。そのためには体力を温存することが大事です。感染していない人は、しっかり食事をして、睡眠をとることを心がけましょう。
(日沼千尋さん)

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる