クリスマスに読んであげたい絵本

クリップ
クリップ

2

2015/12/02

メリークリスマス

12月になりました。1年にいちど、子どもたちが心待ちにしているクリスマスがやってきます。
今回は、毎年この季節になると本棚から顔を出す、わが家の定番クリスマス絵本をご紹介します。

こんな手紙がサンタさんから届いたらいいな

みなさんのお家では、サンタさんに手紙を書きますか? サンタさんから手紙をもらったことがあるお子さんもいるかもしれませんね。
『サンタさんからきたてがみ』は、タイトルのとおりサンタさんから手紙がくるお話。雪で濡れて宛先が読めなくなってしまいますが、その手紙が、とってもすてきな出来事を運んできてくれるんです。
サンタさん直筆の絵入りの手紙や、やさしいタッチで表情豊かに描かれたどうぶつたちが可愛らしい、ほのぼのとしたクリスマスの1冊です。


『サンタさんからきたてがみ』

作:たんのゆきこ
絵:垂石 眞子
出版社:福音館書店

(あらすじ)
クリスマスの前の日、ねずみの郵便屋さんは手紙を雪の中に落としてしまいました。一通だけ宛名が濡れて読めなくなってしまった手紙。さて、誰にきた手紙だったのでしょう・・・?


赤いトマトが、おまじないで○○○に!?


サンタさんからの手紙で、もう1冊。『サンタのおまじない』では、サンタさんが野菜ぎらいの子どもに、手紙ですてきなおまじないを教えてくれます。
次々と野菜が切り絵でかたちを変えていくのが、実にお見事。苦手な野菜もサンタさんの手にかかれば、こんなに楽しいものになってしまうのだなと感心します。月齢の小さなお子さんにも、おすすめのクリスマス絵本です。

★ こちらの絵本は【全ぺーじためしよみ】ができます ★

『サンタのおまじない』

作・絵:菊地 清
出版社:冨山房

(あらすじ)
クリスマスイブ、けんちゃんに届いた箱を見てみると、けんちゃんのきらいな野菜がたくさん入っていました。でも、サンタさんからの手紙にあった通りにおまじないを唱えると、野菜が次々に変身!


ブルーナの絵で知るクリスマス・ストーリー


クリスマスを前に、ぜひ親子で読みたいのが『クリスマスって なあに』。クリスマスの起源を、小さな子にも聞きやすい、やさしい言葉でつづった絵本です。
静かな夜、ひとつの星にみちびかれて旅をするひつじ飼い、3人の学者・・・物語の意味を全部わからなくても、クリスマスの特別感、そして神秘的なワクワク感を、たっぷりと感じられることでしょう。
『うさこちゃん』でおなじみ、ディック・ブルーナの洗練された挿絵もお楽しみください。


『クリスマスって なあに』

作・絵:ディック・ブルーナ
訳:舟崎 靖子
出版社:講談社

(あらすじ)
むかしむかし、みんなが寝静まった暗く静かな夜、空が昼間のように明るくなり、光の中に天使が現れました・・・イエス・キリスト誕生の物語を通して、クリスマスの意味をやさしく伝える絵本です。


クリスマスに、かえるくんを想うがまくん


うれしいことがたくさんあって、笑顔があふれるクリスマス。そして、大切な人の存在をあらためて大切だと思える日も、クリスマスなのかもしれません。
『ふたりはいつも』収録の『クリスマス・イブ』では、大親友・がまくんとかえるくんの、クリスマスの出来事が描かれています。
いっしょに過ごそうと約束したクリスマスの夜、なかなか来ないかえるくんを心配して、いてもたってもいられなくなるがまくん。
クスッとおかしくて、胸がじーんとする、心あたたまるクリスマスの物語です。


『ふたりはいつも』

作・絵:アーノルド・ローベル
訳:三木 卓
出版社:文化出版局

(あらすじ)
がまくんとかえるくんシリーズの1編。クリスマスの夜、がまくんはごちそうを作ってかえるくんを待っていましたが、なかなか来ません。がまくんの心配は大きくなるばかり・・・


待ち遠しいクリスマス。絵本を読めば、楽しみな気持ちがさらに盛り上がりますね。お子さんと過ごすクリスマスが、すてきな1日になりますように!

文:よこやま

Powered by 絵本ナビ
絵本ナビの「全ページためしよみ」は、各作品すべてを1回ずつお楽しみいただけます。
(メンバー登録が必要です。)

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる